ゼロからTOEFL

TOEFLiBTスピーキング 短期で攻略・対策【帰国性が解説】解き方・勉強方法・裏技

今回の記事ではTOEFLスピーキングの解き方と勉強方法を紹介します。

ここで紹介するノートの取り方をマスターすれば、スピーキングセクションで容易に20点は取れると思います。

公開したくないと感じるくらいのスピーキングセクションにおける裏技、解き方のコツを紹介しますので最後までお付き合いください!

TOEFLのスピーキングで伸び悩んでいる方」や「これからスピーキング対策を始める方」の役に立てれば嬉しいです。

※2019年8月のテスト内容変更後対応

トフルスピーキングセクションの概要

まずは、トフルを受けたことのない方に向けて、スピーキングセクションの問題形式について解説します。

スピーキングセクションは、全部で約15分間に渡り問題を解きます。

TOEFLの中では一番短いセクションですね!

本番では、ヘッドセットのマイクに向かって回答をし、音声はコンピュータに録音されます。制限時間を過ぎたら録音されません。

では、スピーキングセクションで出される2種類の問題「Independent taskとIntegrated task」についてそれぞれ解説していきます。

Independent taskの概要

Independent taskは

  • 問題数: 1問
  • 準備時間:15秒
  • 回答時間:45秒

出題されるトピックに対する意見を根拠とともに回答します。

Integrated taskの概要

Integrated taskは、Independent taskと比較し少し難易度が上がります。

Integrated task内でも、二種類の問題があります。

 ①リーディング・リスニング・スピーキング

  • 問題数:2問
  • 準備時間:30秒
  • 回答時間:60秒

まず、表示される文章を読み、次に同じトピックに関する音声を聞き、両方の内容を要約し回答します。

 ②リスニング・スピーキング

  • 問題数:1問
  • 準備時間:20秒
  • 回答時間:60秒

音声を聞いたあと、その内容を要約し回答します。

スピーキングセクションの概要を見てきました。次は、スピーキングセクションの採点についてみていきます。

TOEFL iBTスピーキングの採点方法と基準

採点基準を理解することは重要です。採点基準を理解し、どうしたらスコアが上がるのか考えていきます。

TOEFLでは、Speakingの採点基準を公開していますのでわかりやすく解説します、

ポイントは

  • 4つの問題がそれぞれ0~4で評点され、その合計が 0~30 のスコアに変換されます。
  • AI と ETS 認定のテストスコアラーが採点する。

各問題 0〜4点の5段階で採点

TOEFLスピーキングには4つの設問があり、各問題が0-4点の5段階で採点されます。

  • 0点: 全く話していない
  • 1点: ほとんど話していない
  • 2点: 英語の間違いが散見しつつ構成もまずい、問に答えきれていない、聞くにたえない
  • 3点: 英語の間違いは散見しつつも、構成よく問に答えておりテンポもそこそこ良い
  • 4点: 英語の間違いもほとんどなく構成も回答もよい

TOEFLスピーキングでは上記4点満点で採点されたタスクが30点満点に換算されます。

4つの評価ポイント

TOEFLスピーキングは以下の4つの観点で評価されます。

  1. 「GENERAL DESCRIPTION(説明力)」=設問に対して適切かつ十分な量の回答ができているか
  2. 「DELIVERY(話すペース、流暢さ、明解さ)」=明確な発音で流暢にスピーチできているか
  3. 「LANGUAGE USE (語彙力と文法力)」=語彙と文法を効果的かつ適切に使用できているか
  4. 「TOPIC DEVELOPMENT(トピックの展開力)」=主張とサポートの繋がりが明確で適切、論理的で首尾一貫しているか

この4つのポイントを意識して回答します。

AIと認定採点者による採点

スピーキングで録音された音声が、どのように採点をされるかをみていきます。

採点の流れは下記のようになります。

  1. 録音された音声がETSに送信される
  2. AIにより自動採点
  3. 認定採点者により手動採点
  4. 最終的に0 ~ 4 の5段階で採点

AIによる自動採点のみの場合、ネイティブのような発音が重視されてしまいます。

ですから、TOEFLは最終的には認定採点者の公平な判断によってスコアが決定されます。

例として、オンラインテストの「Versant」は、AIの自動採点のみですので、「発音」が重視されますよね!

TOEFLスピーキングのスコア換算表

換算表は2019年8月末まで公式サイトでも公表されていました。

しかし、テスト変更に伴い見れなくなりました。とはいえ現在もRubricを使用しているので換算方法は同じなのでは?

しかたないので、過去の換算表を下記に載せておきます。

目安としては下記のようになりますね!

  • 平均2点=15点
  • 平均3点=23点
  • 平均4点=30点

以上が、スピーキングの採点についてでした。

スピーキングの裏技・テンプレとメモを使って穴埋め式スクリプトを作成し攻略

はい、ここまで多くのことをお話ししましたが、

「ポイントが多すぎて、正直無理!!!!」と感じたと思います。

ですから、ここからは、超めんどくさがりやの私が行ったスピーキング対策を紹介します。

結論からお話ししますと、テンプレとメモ次第で大きく点数を上げることが可能です。

スピーキングで満点を目指していないならテンプレで対策!

Independent taskとIntegrated taskそれぞれ説明します。

Independent taskのテンプレとメモの取り方

そもそも、話す内容を15秒で考えるなんて日本語でも難しいことを英語でやらされるのですから、テンプレートを使って、即興で適当に理由をつける力をつけていきましょう。

Independent taskでは、質問に対して受験者が立場を選び、根拠を具体的と添えて回答します。

回答の構成

回答の構成は下記のようになります。

1立場を述べる
I agree/disagree with the statement that …[問題で提示される意見]

2根拠1を述べる
Firstly, … .

3根拠2を述べる
Secondly, … .

4結論
This is why I agree with the statement that…[問題で提示される意見]

4結論は時間が余っている時だけで問題ありません。

「1から3」までのは、忘れずに回答するようにしましょう!

次にテンプレの紹介です!

私が使用していたテンプレ

立場を述べる

  • In my view, _______is that _________ for two reasons.
  • I strongly agree (or disagree) with the statement that _________.
  • I prefer___ to ___for two reasons.
  • I think it is better to____.

根拠1

First,_____.     For example,_____.

根拠2
Second,_____. For instance,_____.

結論(省略可)

That’s why I think ________ is _______.

立場を述べる為のテンプレが複数ある理由について解説します。

設問のパターン

Independent taskでは設問のパターンによって立場の述べ方を変えます。

お題に対して答える設問では下記のテンプレを使用

  • 「In my view, _______is that _________ for two reasons.」

例1:Choose a place you go to often that is important to you and explain why it is important. Please include specific details in your explanation.

例2:Which of the following qualities do you think is most important for a university student to be successful?

・Highly motivated, Hard working, Intelligent

Choose one of these qualities and explain why it is important.

ステートメントに賛成か否かを述べる設問では下記のテンプレを使用

  • 「I strongly agree (or disagree)with the statement that _________.」

例:Do you agree or disagree with the following statement?

In the future, people will read fewer books than they do toady.

Use specific examples and details to support your opinion.

2つの選択肢からどちらが良いかを述べる設問では下記のテンプレを使用

  • 「I prefer___ to ___for two reasons.」
  • 「I think it is better to____.」

例:Some people prefer to learn about current events from watching television news programs . Others prefer to read about current events in newspapers or on the Internet. Which do you think is better : watching the news or reading the news? Explain why.

  1. あとは、根拠1を 「First, ___For example,_____.」で具体例と共に述べる
  2. 次に、根拠2を「Second, ___. For instance,_____.」で具体例と共に述べる
  3. 最後に、時間が余っていいれば、結論を「That’s why I think ________ is _______.」で述べます。

メモの取り方

Independent taskではメモは使わなくてよいと思います。

メモが活かせるのはIntergrate taskです!

テンプレを暗記できなくて不安な方は、メモ用紙に書き写しておくこともできますね!

過去問を紹介

過去問が山ほど載っているサイトがありますので、これを使って勉強しましょう!

過去問

ざっと眺めるだけでもめちゃめちゃ参考になりますよ!

Integrated taskのテンプレとメモの取り方

Integrated taskの回答方法は少し複雑です。

Integrated taskではリーディング→リスニング→スピーキングという流れの問題が2問、次にリスニング→スピーキングという流れの問題が1問出題されます。

リーディングとリスニングの情報をメモし、30秒の準備時間でスクリプトを用意し、60秒で話します。

回答はテンプレートを使って作成します。

リーディング・リスニング・スピーキング

まず、表示される文章を読み、次に同じトピックに関する音声を聞き、両方の内容を要約し回答します。

Question2のテンプレ

The reading passage states University’s new policy that ________.

And, however, the woman agree with this new policy for two reasons.

First the woman believe that______.

Second. she thinks that_______.

That’s why the woman thinks it a good idea.

Question3のテンプレ

Both the reading passage and the lecture talk about ______which the passage defines as_____.

And the professor provides an example of ___ to illustrate this.

He states that

Therefore, this example clearly illustrates the topic.

上記のテンプレを使って、下記のようなスクリプトを作成し、リーディングとリスニングの内容を埋めていくだけでよいのです!

スクリプトを作成する時間は、「テスト開始時の説明時間(説明をスキップせずに最後まで聞けば時間ができる)」「セクションの最初の説明時間(スキップせずにすべて聞く)」です。

テスト説明やセクション説明をスキップしてしまうと、スクリプトの作成時間がありませんから注意です!

下記に実際に作成した穴埋め式スクリプトを載せておきます。

*()の部分は、どちらか適切な方を選んでくださいね!

リスニング・スピーキング

最後の問題は、音声を聞いたあと、その内容を要約し回答します。

Question4のテンプレ

The professor talks about ___which he defines as_____.

He describes (two or three) (reasons, kinds or ways) of _____.

First he she talks about _____.

The speaker provides an example of___  to illustrate this.

Second. He talks about _____.

The professor provides an example of_____  to illustrate this.

前回と同様に、上記のテンプレを「テスト開始時の説明時間(説明をスキップせずに最後まで聞けば時間ができる)」「セクションの最初の説明時間(スキップせずにすべて聞く)」にメモ用紙に書き写します。

こちらも実際に作成した穴埋め式スクリプトを載せておきます。同様に、()内は適切なものを選んでください!

 

スクリプトの埋め方は、問題を実際に解いてみるとすぐ理解できると思いますので、是非、まず穴埋め式のスクリプトを作成してみて下さいね!

上記で紹介したテンプレを参考に、自分に合っているスクリプトをアレンジして作成してみて下さい。

説明時間にスクリプト作成なんて気が引けると思いますが、一度試してみるとその便利さにびっくりすると思います。

TOEFLスピーキングで点数を上げるコツ

スピーキング セクションで高得点をとるためのコツを紹介します。

filler wordsを使わない

まず、Filler wordsを使わずにスピーキングすることが大切です。

そもそも、Filler words とは、um.. ah.. などの、意味を持たない音のことです。

日本語で言えば、「えー」に当たります。

Filler wordsを排除すれば回答がスムーズに聞こえます。例えば、公式教材のサンプルレスポンスでもfiller wordsを聞くことはないですよね!

公式教材はかなり役に立つので是非下の記事を参考にして下さい。

TOEFLiBT 絶対に押さえておきたい教材・問題集【帰国子女がオススメする教材】TOEFL未経験から上級者まで私は塾には通わず、様々な教材を使って自分でTOEFLiBTを勉強したので、使った教材の量で言えば群を抜いて多いのではと自負しています。 ...

フィードバックを受ける

トフルのリーディングやリスニングは自分で採点が可能です。

しかしながら、スピーキングとライティングに関しては、誰かに採点してもらう必要があります。

どこが悪くて、どこが良いのかのフィードバックを受け取ることは点数を伸ばすうえでかなり重要になってきます。

スピーキングは特に知識よりも練習が重要となります。もちろん、練習は一人で行うこともがきますが、いちばんの近道は教わることです。

現在は、オンラインのTOEFL専門校やネット教室など、様々な方法でフィードバックをもらうことが可能です。ですから、人に教えてもらうことも、ぜひご検討ください。

恐れない

スピーキングは、周りに恐れず話すことが必要です。

最初は、コンピューターに向かって話すことに抵抗があったり、発音に自信が無かったりすると思います。

しかし、TOEFLとは、そもそもTest of English as a Foreign Languageの略です。

外国人の英語能力を測るテストですから、各国のアクセントを考慮しています。

上記でお話しした、採点基準の「DELIVERY」の得点4の欄には、「It may include minor lapses or minor difficulties with pronunciation or intonation. (このスピーチは、少々の発音とイントネーションの間違いはあるかもしれない)」と記述されていますよね!

自信を持って話してくださいね!

できるだけ色々な表現を

様々な表現方法を織り交ぜて使うこと必要です。

テンプレに頼りすぎると、何度も同じ表現を使ってしまうかもしれません。

テンプレさえも、本番で臨機応変にアレンジできれば最高ですね!

ですから、使える単語のレパートリーを増やしておくことが大切です。

単語帳おすすめ
【TOEFL-TOEIC対策】帰国子女がオススメする必須単語帳今日は私が実際に使ってみてオススメしたいTOEFLとTOEICの単語帳を紹介したいと思います。 単語帳は無数にありますし、どれから始め...

一番簡単な方法としては、下記のように人物の主張の文を変えることです。

 リーディング・リスニング中の人物の主張レパートリー

  • The professor points out that
  • The lecturer states that
  • The speaker argues that
  • The lecture explains that

時間制限いないにしゃべり終える

時間ぴったりで発言を終わる必要はありません。

むろん、短すぎてはよくありません。

しかし制限時間をオーバーしすると自動で録音がストップします。

時間が余っているからといって文章を付け足していくと一貫性のない主張が出来上がってしまいます。

言いたいことが言い終わったら、そこでストップです!

以上が、TOEFLスピーキングの解き方と勉強方法でした。

少しでも役に立つと幸いです。

次回は、TOEFLライティングの解き方と勉強方法についてお話しします!

ABOUT ME