ゼロからTOEFL

TOEFLiBT リスニング 短期で攻略・対策 【帰国生が解説】解き方・勉強方法

前回はトフルのリーディングセクション解き方と勉強方法についてお話ししました。

TOEFLiBT リーディング短期で攻略・対策 【帰国生が解説】解き方・勉強方法TOEFを短期で学びたい人向けに記事を書いてみようと思います。 私のTOEFLの点数は決して高いとは言えませんが、短期間で100点...

本記事では、トフルのリスニングセクションの解き方と勉強の仕方についてお話しします。

試験内容に少し変更があり、試験時間が短くなったこともあり、多少なりともテスト自体の難易度も下がったのでは?と感じています。

とは言え、まだまだトフルはレベルの高いテストです。

ステップバイステップで分かりやすく解説していきますので、是非最後までお付き合いください!

では、早速TOEFLiBT Listening について見ていきましょう。

TOEFL iBTリスニングの問題形式(時間や問題数)

まずは、トフル未経験の方に向けてTOEFL iBTのリスニングセクションの概要について確認していきます。

経験者の方はスキップして下さいね!

リスニングセクションの概要

時間 41~57分
問題数 28~39問
内容 講義、授業中の討論、会話を聴いた後に質問に答える
問題の種類 並び替え問題
多岐選択問題
表完成問題

TOEFLのリスニングセクションでは、会話と大学の講義に関する問題が出題されます。

内容はリーディングセクション同様、かなりアカデミックになります。

海外の高校を出ている帰国生などは、英語で授業を受けているので専門用語などに強いですが、日本で生活している私したちにはかなりハードルの高いリスニング内容になります。

ですから、ここでも単語量がかなり重要になります。

単語帳に関しては↓

単語帳おすすめ
【TOEFL-TOEIC対策】帰国子女がオススメする必須単語帳今日は私が実際に使ってみてオススメしたいTOEFLとTOEICの単語帳を紹介したいと思います。 単語帳は無数にありますし、どれから始め...

問題形式詳細

1ブロック目=まずは会話文が1つあります。その後に講義問題が1つ出題されて、合計2つのリスニングの大問の組み合わせが1つ目のブロックです。

2ブロック目=2ブロック目は、会話が1つと講義が2つ出題され、合計5つのリスニング問題を解きます。

3ブロック目=ダミー問題が出題される場合、3ブロック目で会話+講義が一つづつ出題され合計7つのリスニング問題を解きます。

試験時間は約41分、ダミー問題がある場合は57分程度です。

解答時間は一問につき平均35秒ですが、時間切れになると残った問題は採点されません。かなりハイペースで解かないといけませんね、、

TOEFL iBTリスニングの点数

TOEFL iBTリスニングは他のセクション同様、30点満点です。

点数は受験生全体の出来で変動しますが、1問題間違えることに1点減点と考えて問題ないでしょう。

厳密に換算したい方のために、換算表を紹介しておきますね!

トフルリスニングの換算表

ダミー問題について

TOEFL iBTのリーディングとリスニング問題には、ダミー問題というものが出題されます。

点数に加算されないダミー問題リーディングまたはリスニングのどちらかのセクション1セット存在します。

  • リーディングが4パッセージの場合は1パッセージがダミー
  • リスニングが3セットの場合は1セットがダミー

ダミー問題とは、TOEFL問題を作成しているETSのデータ取得のために使われています。

しかし、どれがダミー問題か解答者には分かりません。

全ての問題に全力で解答するしかありませんね!

TOEFLリスニングの解き方・コツ

では早速トフル リスニングの解き方について説明していきます。

少し長くなってしまいますが、具体的な対策方法と勉強法を見ていきましょう!

TOEFL Listeningの解き方 ステップ

リスニングセクションの解き方ステップは下記のようになります。

  1. リスニングを聞きながらメモを取る
  2. リスニングが終わったら、メモを見ながら問題を消去法で解いていく

これだけなんです。

TOEFLでは、試験開始時にメモ用紙が数枚と鉛筆が一本配布されます。

メモを取る人、取らない人がいますが、私は圧倒的に「メモ取る派」です。

TOEFLを受け始めた当初は、メモは取らずに、リスニングに全集中していました。

しかし、経験を重ねるうちに、メモを取る方が逆にリスニングに集中できることに気が付きました。

消去法で解く

TOEFLに限った話ではありませんが、消去法で解けば正解率は格段に上がります。

リスニングセクションの設問はもちろん、選択肢もかなり巧妙に作られています。

選択肢の一つを見て「答えはこれしかない!」と確信しても、他の選択肢を読んでみると「あ、やっぱりこっちが正解だわ、、」なんてことが良く起こります。

確実に間違っている選択肢を1つ消すだけで正解を選択できる確率はかなり上がります。

絶対に消去法で解いて!

メモを取るメリット

リスニングセクション全体を通して解いてみるとわかりますが、解いていると結構セクションが長くて集中力が切れてきます。そこで登場するのがメモです。

メモをとるメリットとは、「内容を記録しておけること」だけではなく、「リスニング中に集中力を保てること」です。

しかし、メモを取るか取らないかについては意見がかなり分かれます。

もちろん、人によって好き嫌いが分かれるので、まずは実践してみて、メモを取るか取らないかを決めるのが良いでしょう。

 メモを取るべき人

現時点ではまだ満点は目指しておらず、とりあえず可能な限り高得点が取りたい方は、メモを取ることをおススメします。

メモを取るか取らないかがなぜ議論されるかといいますと、メモを取っている間は集中力がメモに向くため、細かいリスニング内容を聞き逃す可能性があるからです。

しかし、満点を目指していないなら、まずは「リスニングの内容を整理・理解し、大筋を掴む、そしてリスニングが終わるまで聞き続ける集中力を保つ」ことが必要です。

メイントピックのメモをとり、リスニングの概要を整理します。その上で、可能な限り詳細部分を書きとり、解答時に使用します。

私の場合、メモは字が汚すぎて読めないので、解答時にメモを見ることはありません。あくまで、長いリスニング音声の最後まで集中力を保つために取っています。

 メモを取らなくていい人

満点を目指している人はメモを取るより、頭の中でリスニングの詳細までを理解し記憶する事に努める方が高得点に繋がります。

ストーリー展開を具体的に想像しながら理解する方が、解答時にかかる時間は短縮できますし、正確な回答ができます。

TOEFLiBT 絶対に押さえておきたい教材・問題集【帰国子女がオススメする教材】TOEFL未経験から上級者まで私は塾には通わず、様々な教材を使って自分でTOEFLiBTを勉強したので、使った教材の量で言えば群を抜いて多いのではと自負しています。 ...

とはいえ、メモを取る取らないに関しては個人差があります。

決めかねる場合は、実際にリスニング問題を解いてみて判断するのが一番良いでしょう。

練習を重ねていき、メモを使った際の正答率と、メモを取らなかったときの正解率を比べてみましょう。

リスニングセクションの時間配分

回答時の時間配分

リスニングセクションでも時間配分が大切になってきます。

パッセージが読まれているリスニングの間はタイマーの時間は減りませんが、いざ回答を始めると制限時間が表示されます。

特定の一問に時間をかけすぎると、セクションの後半で時間が足りず、急いで問題を解くことになります。

解答時間は一問につき平均35秒くらいです。くれぐれも時間配分に気を付けましょう。

タイマーはカウントダウン式

リーディングセクション同様、リスニングセクションの画面上のタイマーは、数字が減っていく形です。

数字が増える形の時計で時間を計算していると、本番で痛い目を見ます。

普段からカウントダウン式のタイマーを設定し、持ち時間と残りのパッセージの数であと何分使っていいのかを計算できるようにしておきましょう。

聞き取れない部分は諦める

TOEFL iBTのリスニングの音声が一度始まると、聞き取れない問題があっても音声は止められません。

わからない単語やフレーズが聞こえてきたら、諦めて次の問題に集中することが、全体的なスコアアップに繋がります。

わからない単語やフレーズに執着することはやめましょう!

メモの取り方

スピーキングやライティングセクションのメモでも言えることですが、素早くより多くの情報をメモることが大切です。

だらだら書いていたらリスニングにおいていかれてしまいます。実践すれば分かりますが、かなりハイペースでメモを取る必要があります。

ではどのようにメモを取ればいいかをお話しします。

要点だけメモる

もちろん、メモは採点されません。

ですから、自分だけが読めるメモでよいのです。

メモする内容は、メインテーマやサブトピック具体的な名詞や動詞、名前、日付、数字など覚えにくい事実です。

書かなくて良いものは、「a/an/theなどの冠詞、代名詞、前置詞、ジョーク」など、内容を理解する上で必要ない情報です。

自分だけの省略記号

短く、早く英語を書くコツで、単語を短くして書く方法があります。

例えば

  • because→cuz
  • for→4

このように、単語を略して書くことでスピーディーにメモを取ることが可能です。

このほかにも、→や〇などの記号を使うことも効果的です。

議論のストラクチャーを知る

基本的に講義のストラクチャーは決まっています。

講義のストラクチャーは、「テーマ導入→サブトピックの説明2つくらい」or「3つの関連する短いトピック」です

講義の内容自体のストラクチャーも「学説と複数のエビデンス」「原因と複数の結果」「話の比較」など、かなり決まっています。

それぞれのタイプの講義を練習で慣れておくとメモも書きやすくなりますよ!

TOEFLリスニングの勉強法・対策

なんといってもまずは単語が必要です。

リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの全てのセクションで大切なのが単語なのです。アカデミックなTOEFLは、基本的な単語から専門的な単語まで、幅広く出題されます。

できるだけ多くの単語を頭に入れておきましょう。

単語帳おすすめ
【TOEFL-TOEIC対策】帰国子女がオススメする必須単語帳今日は私が実際に使ってみてオススメしたいTOEFLとTOEICの単語帳を紹介したいと思います。 単語帳は無数にありますし、どれから始め...

耳を様々なアクセントにならす

英語に対して抵抗感がある場合、リスニング練習をしても、なかなか上達しません。

英語に苦手意識がある方は、点数を上げるためではなく、英語を文化として楽しみながら聞けるようになるとよいでしょう。

TOEFL iBTでは、話し口調でのリスニング問題がほとんどで、かなりハイペースで聞き取るのが難しくなります。

さらに、様々な国のアクセントが登場するので、普段から英語を聞いている人でない限り、慣れないアクセントを聞き取るのは大変です。

おススメなのは、普段からYouTubeなどで英語に耳を慣らしておくことです。

とりあえず問題を解く

英語に慣れることが大切ですが、最初はスクリプト付きの教材がYouTubeでシャドーイングをすることをお勧めします。

その後は、問題を解きまくることが効果的です。問題集は本屋でいくらでも買えますが、資金が少ない方にはやはりYouTubeをおススメします。

YouTubeには様々な教材があるので少し紹介しておきます。

 

問題集にお金をかけられる方なら、公式の問題集をお勧めします。

お値段は少し高めですが、本番と同様の試験が受けられるので、TOEFLを受けたことがない人は是非購入しておきましょう。詳しくは↓

TOEFLiBT 絶対に押さえておきたい教材・問題集【帰国子女がオススメする教材】TOEFL未経験から上級者まで私は塾には通わず、様々な教材を使って自分でTOEFLiBTを勉強したので、使った教材の量で言えば群を抜いて多いのではと自負しています。 ...

いかがでしたか?

スピーキングやライティングセクションと違って、リーディングやリスニングセクションにはこれといったコツが無いのが現実です。

とはいえ、裏を返せば、問題を解けば解くほど、点数を上げられるのです。

もし特定のセクションで点数に伸び悩んでいるなら、プロに任せてみるのもよいでしょう!

ABOUT ME