ゼロから株式入門

【大学生が解説】大学生の株の始め方【少額の小遣い稼ぎ~長期投資まで】

「学生が株に手を出すと危険?」

「株を始めたいけど具体的にどうやって始めるのかわからない!」

「税金怖い!」

なんて考えている学生さんも多いのではないでしょうか?

そこで今日は、株式投資の基本から始め方まで紹介します。

初心者でも株で上手に資産運用を始められる方法をチェックしてみてくださいね。

「株式投資」とはなに?簡単に説明

まず初めに、「株式投資」について大雑把に説明します。

株とは、企業がお金を集めるために発行する証書のことです。

企業が大きくなるには、経費や人件費、研究費などの資金が必要です。この資金を企業内のみで集めるのは限界があります。そこで、企業は株を発行することで、企業を支援してくれる出資者を集めるのです。

その株を買って資金援助に貢献する出資者のことを株主といいます。

株主は出資金を企業に払うことで、出資の証明書、すなわち「株式」を手にできるのです。

株式を保有することで、その企業のオーナーの1人となることができます。さらに、企業は、株主から集めた出資金で会社を大きくし、得た利益の一部を株主に還元します。

大雑把に説明しましたが、株が何かは分かっていただけたと思います。詳しくは下の記事で解説しています。

株と株主 入門【もそも株ってなんなの?】知って得する株の基礎株式や株主がどれほど大きな力を持っているかを理解することが、株式投資の最初のステップとなります。 「株は、会社が資金調達のために発行す...

ここからは、株を買うメリットについてお話しします。

株投資で得られる利益・メリット

では、株を買うメリットとは何でしょうか。

企業の株を買って投資をすると、オーナーとして会社の経営に関われるだけでなく、以下の2つの利益を手にできます。

  1. インカムゲイン(配当金と株主優待)
  2. キャピタルゲイン

インカムゲインとは

インカムゲインとは、「配当と優待による利益」の2つの収益のことです。

では配当金と株主優待についてみてみましょう。

配当金とは

配当金とは、企業が得た利益の一部を株の保有率に応じて株主に還元するお金のことです。

年に、1回~2回支払われることが多く、配当金がどれくらい支払われるかは企業によってことなります。

配当の権利確定日にその企業の株式を保有している株主が対象になります。

外国と比べて日本企業は配当金が充実しているとは言えないため、定期的に配当金を支払う企業は優良企業とみなされ、投資家から高い評価を受けます。

もちろん、配当金の額は、その年の利益によって変動します。利益が大ければ配当金も高くなるのは当然です。逆に、赤字のため、配当金が支払われないなんてこともあります。

ちなみに、設立記念などの特別配当をしてくれる、株主を大切にする企業もありますよ。

株主優待とは

株主優待とは、企業の株主に対する特別扱いのことです。株主は、出資した企業のサービスを無料で受けられたり通常より安く商品を買えたりと、株主ならではの特権が得られます。

商品券や割引券など、株主優待は企業によって大きく異なります。

様々な株式を保有する投資家の中には株式優待のみで生活できるくらいの猛者もいますよ!

日本国内の上場企業のうち40%以上の企業がこの株主優待制度を設けています。

配当金や株主優待について詳しく知りたい方は下記の記事をチェックしてみてください!

株式 インカムゲインとは?【株主優待と配当金】インカムゲインとは インカムゲインとは、「株式保有で得られる、配当や優待による利益」の二つの収益のことです。 株式を保有するだけ...

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、「値上がり益」のことです。

株式投資の最大の目的はこのキャピタルゲインでしょう。

株式の価格は常に変動しています。人気な企業の場合、その株が欲しい人が多いため需要が増え、1株当たりの価格が上がります。この株の価格を「株価」と呼びます。

株価が安いときに株式を購入して、株価が高くなったら売却すれば、その差額が利益になります。これがキャピタルゲインですが、反対にキャピタルロスも存在します。

  • キャピタルゲイン=価格変動での利益(株価が安い時点で購入し、値上がりした時点で売却)
  • キャピタルロス=価格変動での損失(株価が値下がりし、購入時よりも安く売却しなければならない場合)

1株100円の株を10株買ったとします。このときの株式購入費用は、100円×10株1,000円ですね。1株が200円に値上がりしたときに売却すると、売却金額は2,000円になります。このときの売却益は1000円で、これがキャピタルゲインとなります。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてみてください!

株式 キャピタルゲイン-キャピタルロスとは【価格変動での損益】株式投資で狙える利益には2つの種類があります。「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」です。こちらの記事では、キャピタルゲインについて解...

大学生が株を始めるステップ・流れ

では、大学生株式を購入するには具体的にどのようなことが必要になるのかをお話しします。

  1. 資金集め
  2. 自分に合ったFX会社を選ぶ
  3. 未成年の学生が用意する書類
  4. 取引開始

ステップ1:資金を集める(数百円で大丈夫)

当たり前ですが、投資を始めるには資金が必要です。

投資は何十万円も元金が必要だと勘違いしている人も多いですが、今の時代、数百円から株を購入できます。

例えば、LINE証券ではほとんどの銘柄が3,000円以下で購入可能、どれだけ少額の投資でも、持ち株数に応じた配当金も配られます。

話題のLINE証券って実際どうなの? 【レビュー評価してみた】メリットデメリット結論からお話ししますと、「LINE証券は投資未経験者向けで、投資経験者にはおすすめできない」です。 下記でLINE証券おメリットとデメ...

ステップ2:初心者に合った証券会社を選ぶ

次に、実際に取引を開始するには、株取引専用の口座を開設する必要があります。

口座開設事態は数分で完結するので心配ありませんが、面倒なのは会社選びです

もちろん、口座開設にお金はかかりませんので、片っ端から口座を開設しまくることもできます。しかし、最初は初心者さんでも分かりやすいサービスを選ぶべきです。

様々なネット証券が存在して中には上級者向けであったり、信用にかける会社もあります。

さらに、株取引には手数料が発生します。この手数料は、証券会社によって金額が大きく異なります。手数料はトレードをすればするほど積み重なるのでかなり証券会社を選ぶ際に重要なポイントになります。

初心者さんでは証券会社選びはかなり難しいですので、下記で投資初心者におススメの証券会社をまとめておきました。まだ口座をお持ちでない人は参考にしてくださいね!

投資始めるなら最初に開設したい証券口座【FX, 株,暗号通貨,CFD(金,原油,ETF)etc...】今日は、投資を始める際の一番最初のステップである、口座開設についてお話しします。 「FXがやりたい」「株がやりたい」など、人それぞ...

口座開設から、実際にトレードができるまでの期間は会社によって異なります。即日から取引が可能なサービスや1週間から2週間程度で口座が開設されるサービスもあります。

口座の種類は「一般口座」「特定口座(源泉徴収あり)」「特定口座(源泉徴収なし)」の3つから選ぶことができます。初心者におススメなのは税金に関する手続きや支払いを会社がやってくれる「特定口座」です。

ステップ3:書類を用意

口座開設のために必要書類を提出しますが、各会社によって提出書類は多少異なることがあります。

未成年の提出書類まとめ

未成年がFX口座を開設するのに必要なものは、下記の三点になります。

  1. 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証・住民票など)
  2. マイナンバーカード
  3. 保護者の同意書一式

未成年は保護者の同意書が必要です。

  • 法定代理人(未成年者の両親)であることを証する書面(親権者全員と未成年者本人の続柄が記載された戸籍謄本)
  • 法定代理人(未成年者の両親)の本人確認書類(免許証など)
  • 未成年者の取引に関する同意書

20歳以上が必要な書類一覧

  1. 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポート・住民票など)
  2. マイナンバーカード

20歳以上なら『保護者の同意書』が必要ないため上記の2つでOK!

ステップ4:入金して取引開始

口座開設が終わったらいよいよ取引開始です。

取引をするには口座に入金する必要があります。

入金方法は、「銀行窓口」「ATM」など様々ですが、おすすめは「インターネットバンキング」か「クイック入金」です。手数料や入金反映の速度を考えた場合「ネットバンキング」が一番でしょう。

買いたい銘柄が決まったら、いよいよ購入しますが、何株買うのかに気を付けましょう。

銘柄や証券口座によって最低購入可能数が異なります。例えば、元株数1,000株となっていれば1,000株以下は買えないことになります。仮にその株価が1000円の場合、1000株×1000円=1,000,000円必要になります。

学生に100万円は現実味がありません。取引単位が少ないものを選ぶか、LINE証券のように株式ミニ投資の取り扱いがある証券会社であれば、少ない株数で取引することも可能です。また、信用取引レバレッジをかけてトレードする方法もあります。

大学生が株を始める時のポイント・注意点

では、大学生が投資を始める時の注意点とポイントについてみてみましょう。

学生の納税・所得控除額

投資で利益を上げた場合の税金の支払いはかなり複雑になります。

ほとんどの学生は親の扶養に入っていますが親は以下の図のような所得控除を受けられます。

種類 控除額
1.一般の控除対象扶養親族 38万円
2.特定扶養親族 63万円
  • 「一般の控除対象扶養親族」=扶養に入っている学生のうち、年齢が16歳以上の人
  • 「特定扶養親族」=扶養に入っている学生のうち、年齢が19歳以上23歳未満の人

この記事を読んでいる方が専門学生や大学生の場合、株式投資の利益が年間で、合計38万円を超えると扶養から外れることになります。

扶養控除から外れると、扶養者の納税額がかなり増えてしまうので避けたいですよね!

さらに、給与所得控除額は最低額が65万円ですので

基礎控除38万円 + 給与所得控除額65万円 = 103万円

収入金額が103万円を超えると、学生さんは親の扶養親族から外れ親の税金が高くなります。

すなわち、

(アルバイトの給与収入 – 65万円)+ FXの年間利益 > 38万円

の場合、親の扶養親族から外れ、税金がかかる可能性があるわけです。

ただ、学生であるなら、「勤労学生控除」の27万円が適用されます。

すなわち、

年収130万円(103万円 + 27万円)までは税金はかかりません

しかし、130万円を超えると学生でも所得税を支払わなければなりません。

「源泉徴収ありの特定口座」を開設すると、利益が源泉徴収されるため、扶養から外れるのを防ぐことができます。

「特定口座(源泉徴収あり)」を選ぶと、株式の売却で利益を得た場合に20.315%の税金が取引の度に自動で差し引かれます。

証券会社が代わりに納税をしてくれるので、確定申告をする必要がありませんし、扶養から外れることはありません。

そのため、大きな利益を上げられる見込みのある大学生は「源泉徴収ありの特定口座」開設するべきです。

そのうち詳しく税金に関して記事を書いてみようかな笑

リスクを分散・分散投資

株式投資に慣れてくると、特定の銘柄や業界に着手しがちになります。

しかし、1つの業界に固執して取引していると、その業界の景気が悪くなったとき大きな打撃を受けてしまうかもしれません。

様々な業種、業界の株式に投資してリスクは分散しましょう。さらに、株式に限らず、他の金融商品や投資方法でポートフォリオを組んで投資するのもお勧めです。

詳しくは下記で解説しています。

ポートフォリオの組み方
ポートフォリオとは?組み方のポイント 【投資を始めるなら知っておこう】資産運用を始めるにあたって、リスク把握をするためにポートフォリオというものを組まないといけません。 ポートフォリオを組むことで、「どれ...
investment
投資は何から始めたらよいのか(投資の種類や始め方をシンプルにまとめました)こんにちはマサです。今日は投資を始めたいけどなにをどうしたらいいのか分からないという方に向けて投資の始めかたを解説します。 よく聞...

まとめ

本記事では、「学生が株式投資を始めるには」という観点から書いてみました。

上記でお話ししたポイントをきちんと押さえれば、初心者でも安心して始められることでしょ。

何から始めたらよいかわからない方は、まずは口座選びから初めてみてはいかがですか?

投資始めるなら最初に開設したい証券口座【FX, 株,暗号通貨,CFD(金,原油,ETF)etc...】今日は、投資を始める際の一番最初のステップである、口座開設についてお話しします。 「FXがやりたい」「株がやりたい」など、人それぞ...
ABOUT ME