ゼロからFX入門

FXローソク足の読み方【ローソク足の種類と使い方】

この記事では、FXのチャートを見る為に最低限必要となるローソクの読み方や種類などについて見ていきます。

ローソク足とは

ローソク足とは、FXのチャートで最もよく使われるチャートで、始値(OPEN)、高値(HIGH)、安値(LOW)、終値(CLOSE)の4本値の値動きを時間の経過とともに表したものです。

日本の江戸時代に開発され、ローソクに似た形から「ローソク足」と名が付けられていますが、現在では外国でも”キャンドル・チャート(Candle Chart)”としてかなり人気な分析ツールとなっています。

ローソク足の読みかた

ではローソク足の読み方についてみていきます。

上記でもお話ししましたが、ローソク足は、1日や1週間、1ヶ月などの単位期間を定め、その期間中の4つの値段によって、1本のローソク足を描きます。

  • 始値(OPEN)=単位期間の開始時に付いた値段
  • 高値(HIGH)=期間中で最も高い値段
  • 安値(LOW)=期間中で最も安い値段
  • 終値(CLOSE)=最後に付いた値段

図からわかるように、足には「陰線=価格が下がった」「陰線=価格が上がった」があります。見分け方は、色です。青と白、黒と白、緑と赤など、証券会社によって異なります。

中でも「終値」は、市場が最終的にたどり着いた価格ですので、かなり重視されています。

始値と終値の間の四角い枠を「実体」、実体から上下に伸びた棒を「ヒゲ」と呼びます。

また、単位期間の呼び方は下記のようになります。

  • 分単位のローソク足=「〜分足(5分足など)」
  • 1日単位のローソク足=「日足(ひあし)」
  • 1週間単位を=「週足(しゅうあし)」
  • 1ヶ月単位を「月足(つきあし)」

 

このローソク足を時系列順に連続させて表示したものが「ローソク足チャート」です。

証券口座【DMM.com FX・CFD・株】が初心者にオススメな理由 今日は私が「投資初心者さんにオススメ」だと考える証券口座、【DMM.FX】【DMM.CFD】【DMM.株】についてなぜ初心者にオススメな...

ローソク足チャートとは

ローソク足を並べていくことで、相場の状態や流れを一目で分析できるようにしたチャートを「ローソク足チャート」といいこのチャートを使った分析を「ローソク足分析」と呼びます。

ローソク足

ローソク足の見方

では、このローソクをみてどのようなことが読み取れるのでしょうか?

ただ単に、価格の方向を見て、「上昇している」「下降している」とわかるだけではないのです。

  1. 実体が長い陽線=大陽線:強い上昇力を表す
  2. 実体が長い陰線=大陰線:強い下落力を表す
  3. 実体が小さな線=コマ足:気迷いを表す(上がるか下がるか分からない)
  4. 実体が無い線=寄り引け同時線:相場の転換点となる可能性を表す
  5. 上ひげが長い線=:上昇力が減り反落する可能性を表す
  6. 下ひげが長い線=:下落力が減り反騰する可能性を表す

このように、実態とヒゲの長さから今後の価格分析が可能なのです。詳しく下記で見ていきます。

ローソク足の種類

陽線

陽線

ローソク足の実体が長いほど、上昇する可能性が高い(買いの勢いが強い)と言えます。

大陽線

大陽線(だいようせん)

大陽線は売り方の勢いが弱まっており、その後も買いの勢いが続くことを表しています。

陽線坊主(ようせんぼうず)

陽線坊主(ようせんぼうず)
上下のヒゲがなく大きな実体の陽線を陽線坊主といいます。
ヒゲがないということは、買いの勢いが圧倒的で一方的に値段を押しあげている状況を表しています。

下影陽線(したかげようせん)

下影陽線(したかげようせん)

下ヒゲの長い陽線を下影陽線と呼びます。
最終的に、買い方が売り方に勝利した形で、安値圏では上昇への転換を表します。

上影陽線(うわかげようせん)

上影陽線(うわかげようせん)

上ヒゲの長い陽線を上影陽線と呼びます。

高値圏では下落への転換、安値圏では上昇への転換を表します。

陰線

陰線

ローソク足の実体が長いほど、下降する可能性が高い(売りの勢いが強い)と言えます。

大陰線

大陰線(だいいんせん)

大陽線と逆の性質です。
買い方の勢いが弱まっており、その後も売りが続くことを表します。

陰線坊主

陰線坊主(いんせんぼうず)

上下のヒゲがなく大きな実体の陽線を陰線坊主といいます。

陽線坊主と反対の性質で、ヒゲがないということは、売りの勢いが圧倒的で価格の下降を表しています。

上影陰線(うわかげいんせん)

上影陰線(うわかげいんせん)

上ヒゲの長い陰線を上影陰線と呼びます。

最終的にも売り方が勝利した形ですので、高値圏では、下落への転換を表します。

下影陰線(したかげいんせん)

あああああ

下ヒゲの長い陰線を下影陰線と呼びます。

高値圏では下落への転換、安値圏では上昇への転換を表します。

十字線

十字線

始値と終値が同値で、ローソク足の実体がないのがわかります。

このとき、買いと売りの両方の勢力が拮抗しています。相場の気迷いを表すため、上がるか下がるか分からないとも言えます。しかし、下記のことも言えます。

  • 高値圏では、これまでの買い(上昇の勢い)を売り(下降の勢い)が止めたことになり、下落への転換となる可能性を表す
  • 安値圏では、これまでの売り(下降の勢い)を買い方(上昇の勢い)が止めたことになり、上昇への転換となる可能性を表す

上ヒゲ

上ヒゲ

上のヒゲが長い時は、売りの抵抗が強かったことを表します。

下ヒゲ

下ヒゲ

下のヒゲが長い時は、買いの抵抗が強かったことを表します。

証券口座【DMM.com FX・CFD・株】が初心者にオススメな理由 今日は私が「投資初心者さんにオススメ」だと考える証券口座、【DMM.FX】【DMM.CFD】【DMM.株】についてなぜ初心者にオススメな...

ローソク足まとめ

このように、ローソク足分析の基礎を理解すれば、相場を分析し、今後の価格を予想することができます。

ローソク足の知識の基礎をきちんと持っていれば、たとえファンダメンタル分析の知識がなくても、ローソク足チャートを一目見るだけで相場の状態をある程度推測できるわけです。

ファンダメンタルの知識、分析はもちろん重要ですが、ローソク足の分析もかなり必須スキルとなってくるので、本物のチャートとこの記事を比べることで、ローソク足の特徴を確認してみてくださいね。

ABOUT ME