ゼロから仮想通貨入門

暗号通貨(仮想通貨)取引の始め方【取引所・販売所の口座開設の流れ】

 

暗号通貨における基礎についてお話してきましたが、この記事では、「具体的な購入方法」についてみていこうと思います。

かなり簡単なステップですので、わかりやすく解説できる自信があります!

暗号通貨購入なでのながれ

コインチェック

休むことなく世界中で取引が行われている暗号通貨ですが、この暗号通貨を購入したり、取引したりするには、暗号通貨の取引所・販売所で口座開設を行う必要があります。

取引所・販売所では、インターネット上で仮想通貨の交換・売買が24時間変動するレートを見ながら、リアルタイムに仮想通貨の取引を行うことができます。

海外も沢山取引所がありますが、暗号通貨初心者の方はまずは国内の取引所で始めることを強くお勧めします。

ということで、暗号通貨購入の流れは以下の3ステップだけとなります!

手順1:取引所に登録する
手順2:取引所に日本円を入金する(銀行振込・コンビニ支払い・クレジットカード決済)
手順3:希望の仮想通貨を選び購入する

手順1 : 取引所に登録する手順

それではさっそく手順1の「取引所に登録する」を実践してみます。

ここではわたしも愛用する国内大手取引所である「コインチェック」を例に見ていきましょう。

コインチェック
コインチェック>>

コインチェックは日本第2位の取引量を誇り、取扱い通貨の種類が豊富、さらに引画面が見やすいので初めての方でも視覚的に操作できるので、初めての取引所として非常におすすめです。

コインチェックには携帯アプリがありスマホでコインの売買が可能です。

Coincheck
コインチェック

取扱い通貨数NO.1!

ビットコイン アプリダウンロード数No.1!

ビットコインやリップルを含む12種類の仮想通貨(暗号資産)を500円から購入可能!

取扱い通貨種類 ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、Lisk、ファクトム、
Monero、オーガー、リップル、Zcash、NEM、ライトコイン、DASH、
ビットコインキャッシュ
入金・決済方法 銀行振込、コンビニ入金・クイック入金(24時間365日希望の方法で入金できる
サービス)、クレジットカード決済
入金手数料 ・銀行振込:無料(所定の金融機関により異なる振込手数料は有。)
・コンビニ入金・クイック入金:3万円以下は756円、3万円~50万円は1000円
・クレジットカード:決済時の価格に基づいて算出(レートにより変動)
セキュリティ ・2段階認証設定
・東京海上日動火災保険株式会社と連携し、最大100万円補償

詳細ページ

やはり、コインチェックはどの取引所よりも操作が親切で分かりやすいので、初めて暗号通貨を購入する人には最適ののではないかと思います。

Coincheckのアカウント登録

コインチェック

1.アカウント登録

まずはコインチェックのトップページから、口座開設ボタンを押して、メールアドレスとパスワードを入力します。
この時注意したいのは、必ずパスワードも20文字以上の複雑な文字列に設定してください。

コインチェックのトップページ>>

口座開設

「登録する」ボタンを押して、入力したメールアドレスに届く確認メールに記載されているURLをクリックして登録を完了させましょう。

2. SMS認証(電話番号認証)

本人確認をしなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできます。

しかし日本円の出金・送金などができませんので、すべての機能を使用するために、本人確認をしましょう。

本人確認は、電話番号を宛先にSMS認証(電話番号認証)を行います。

本人確認

まずはCoincheckにログインしてください。

そこから「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押してください。ここから電話番号認証をします。

入力した電話番号にSMSで認証コードが送られてくるので、指定の項目にコードを入力することで5万円までの入金が可能となります。

5万円以上の入金を希望される場合は、本人確認事項を入力する必要があります。本人確認後には、無制限での入金ができるようになります。

3. 本人確認を行う

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があります。

違いは、コインチェックからのハガキを受けとるか受け取らないかです。

通常、審査後にコインチェックからハガキを受けとり本人確認完了となりますが、アプリからのお申し込みの場合「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにサービスが利用可能となります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認(かんたん本人確認)

IDセルフィー

名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を入力後、本人確認書類をアップロードします。使用可能な書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

参考:本人確認書類の種類について

そして、情報の入力後の本人確認の撮影を行います。

STEP

  1. 「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影
  2. 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
  3. 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。

参考:本人確認書類の撮影方法

webからの本人確認

名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を入力後、「IDセルフィー」(提出書類と本人がいっしょに写っている写真)を撮影してアップデートします。

次に、本人確認書類をアップロードします。使用可能な書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

 

書類の提出後、Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」メールと住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

手順2:取引所に日本円を入金する

お疲れ様でした!

では、手順2の「入金」を見ていきましょう。

まず、コインチェッの「日本円入金」を選択し、入金方法をクリックします。

  • 銀行振込の場合はユーザーIDを確認し、振込の時に振込人名義の箇所に「ユーザーIDと氏名」の両方を記載します。
  • コンビニ入金は、氏名・電話番号・メールアドレス・入金額を入力後に受付番号が発行され、コンビニに行って入金処理を行います。
  • クイック入金は、窓口に並ぶことなく、ネットバンキングから入金できるサービスです。かなり便利なのでおすすめです。

ちなみにコインチェックでは、ビットコインのみクレジットカード決済が可能です。しかし、クレジットカード利用の手数料は購入時のビットコインの相場に応じて決まるので注意が必要です!

手順3 : 希望の仮想通貨を選び購入する

まず、「コインを買う」をクリックし、コインの種類を選択します。

その後、数量と交換する通貨(ビットコイン以外を購入する場合には、日本円またはビットコインを利用して購入可能)を選び「購入」ボタンをクリックして終了です!

 

暗号通貨(仮想通貨)取引の始め方【取引所・販売所の口座開設の流れ】について解説してみましたがいかがだったでしょうか? ぜひこの機会に取引所に登録してン暗号通貨を取引してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME