ゼロから仮想通貨入門

ゼロから学ぶ暗号通貨投資入門【そもそも仮想通貨とは?メリットデメリットは?ブロックチェーンとは?…】

「暗号通貨(仮想通貨)ってそもそも何?」

「どうやって始めるの?」

常にネットやニュースで耳にする仮想通貨ですが、「仮想通貨、厳密には暗号通貨」と聞いても結局何のことかわからないと思います。

ですので、この記事さえ読めば、暗号通貨の概要や特徴、仮想通貨の基本的な仕組みやメリット・デメリット、始め方などの理解を深めていただけると思います。

まずは暗号通貨(仮想通貨)の定義から見ていきましょう。

そもそも暗号通貨(仮想通貨)とは?

そもそも暗号通貨とは何でしょうか?

まず仮想通貨の誕生や基本的な仕組みについて見ていこうと思います。

暗号通貨(仮想通貨)というのは、その名の通り「仮想上の通貨」のことです。

「円」のように、千円札や10円玉のような実体のない通貨なのです。

暗号通貨はインターネット上にのみ存在し、すべてシステム上で管理されます。

一般的に、「仮想通貨」と呼ばれていますが、正確には、「暗号通貨」や「バーチャルマネー」と呼ぶことが好ましいとされています。「暗号通貨」と呼ぶ理由は、暗号化技術というものが使われているからです。

実際に目で見たり触ったりすることのない「実体のない仮想のお金=暗号通貨」ですが、その役割や価値の決まり方はお金と同様です。

さらに、アメリカドルや日本円のように、国が管理する通貨(法定通貨)と違って「全世界で共通の価値を持つ通貨」としても暗号通貨は注目を集めており、実際に世界中で投資や決済手段、寄付、融資などの手段として使用されているのです。

そんな暗号通貨は一体いつどのようにして誕生したのでしょう?

暗号通貨(仮想通貨)取引の始め方【取引所・販売所の口座開設の流れ】 暗号通貨における基礎についてお話してきましたが、この記事では、「具体的な購入方法」についてみていこうと思います。 かなり簡...

世界初の仮想通貨「ビットコイン」

暗号通貨といえば「ビットコイン」ではないでしょうか?

ビットコインという名前を一度は耳にしたことがあると思いますが、このビットコインが世界で最初に誕生した仮想通貨なのです。

ビットコインは「サトシナカモト」という人物によって発表された論文から発展し、エンジニアが集まり開発されました。

サトシナカモトは日本人のような名前ですが、身元は今でも不明です。

このビットコインを元に、数千種類ともいわれる仮想通貨が存在します。

こんなにも暗号通貨が注目されることになった要因は「ブロックチェーン」という革新的な技術の存在です。

ブロックチェーンとは

ビットコインを始めほとんどすべての暗号通貨を支えるブロックチェーンシステムとは何でしょうか。

ブロックチェーン技術は、サトシ・ナカモトが発表した「論文」を基に作られたシステムで、この技術が次々と応用され発展し、多くの暗号通貨開発や金融取引、決済の新システム導入などに大きく貢献しました。

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」とも呼ばれており、システム上で取引台帳を分散して管理するシステムです。簡単に言うと、取引記録をみんなで分散して互いに管理し合うシステムです。

ブロックチェーンはみなで分散して管理しているので、暗号通貨には「銀行」のような中央管理者が必要ではありません。例えば、「日本円」を管理し発行している日本銀行は、いくつかの中央サーバーによって機能します。

中央サーバーが不要な暗号通貨は管理費がかからず、人件費も必要ありません。

セキュリティが万全なため、ブロックチェーン自体に対するハッキングはほぼ起こらず、仮に受けてもみなで管理しているのですぐに復元可能です。(ハッキングのほとんどは、取引所で起こります)

皆で「証人、監理」するシステム

ブロックチェーンは、インターネット上での取引記録をみなで共有し管理するネットワークシステム(=分散型ネットワークシステム)です。

なぜ皆で管理することが利点となるのでしょうか?

たとえば、AさんとBさんが売買取引を行うとき、両者は取引が公正に行われたかを判断するために、第3者の仲介役として銀行を通しています。この時、契約内容は仲介役である銀行の判断ににゆだねられています。

ブロックチェーンはこの銀行のような第3者機関(仲介役)ではなく、多くのユーザーが「証人」(すなわち監視役)となることで取引の信頼と安全を保ちます。

インターネット上での取引記録を、みなが一目で確認し、把握できるようにしたのです。

従って、虚偽の申告やハッキング、データ改ざんなどが起きても、一瞬でばれ、その取引は拒否されます。

ブロックチェーンにより、私たちを取り囲む全ての取引は、銀行や仲介業者のような一部特権階級に支配されることなく、自由に行えるようになったのです。

ブロックチェーンの凄いとこ

ブロックチェーンの凄いところは、暗号通貨にとどまらず、あらゆる技術に応用されているところです。

このままブロックチェーンは発展しつづけ、不動産取引、証券取引、株式投資、貿易などがブロックチェーン技術に支えられると、こうした多くの取引や契約、情報管理を安全かつ正確、半永久的にブロックチェーン上で保管できることとなります。

そうなると銀行やブローカー、証券取引所など、あらゆる仲介業者の存在が不要となります。仲介業者が必要ないので、彼らに払っている多額の手数料や手間も省かれることになります。

ブロックチェーン技術は金融業界だけにとどまらず、今後、選挙システムや医療データや顧客データなどの情報管理など、多くの業界に普及していくと言われています。

暗号通貨の特徴

仮想通貨と法定通貨の違いについてみていきましょう。

国や銀行に管理されない暗号通貨

法定通貨、例えば「円」なら日本銀行、「ドル」なら米国の中央銀行FRB、「ユーロ」なら欧州中央銀行、という様に、各国の中央銀行が貨幣を発行、監理しています。

法定通貨の価値は、国が全面的に保証しています。しかし暗号通貨は政府や中央銀行などの管理主体を必要としません

つまるところ、暗号通貨は、管理主体である国の諸事情や財政状況に影響を受けないわけです。

従って、たとえば、日本が政危機に陥り、円が無価値になったとしても、「世界共通価値を持つ暗号通貨」の価値は落ちません。

「円」は信用された通貨ですのでピンと来ないかもしれませんが、実際に財政難に陥った諸外国の中には、暗号通貨が法定通貨よりむしろ高い価値を持つとされる国も存在するのです。

外貨両替が不要で超格安な取引手数料

暗号通貨は国や政府に管理されていないので、外国でお金を使う際に必要な両替のプロセスが必要ありません。

世界中どこでも、共通の金額でそのまま「暗号通貨(お金)」が利用できるのです。

さらに、送金スピードが恐ろしく早く、手数料もほとんどかかりません。

例えば、円やドルの法定通貨で海外送金を行う時、送金や受金元の銀行間両替や複雑な手続き、高額な手数料がかかったり、完了まで数週間の時間がかったりします。

しかし暗号通貨なら、手数用はほとんどかからず、送金時間は分単位です。

電子マネーとどう違うの?

暗号通貨というと電子マネーと混合されがちです。

「暗号通貨は実体のないお金なだから電子マネーと一緒」と勘違いされるのです。

しかし、Suicaなどの電子マネーは、法定通貨をカード入金(チャージ)して使います。

すなわち、電子マネーは、「お金を貯めておける電子の財布」ということです。

一方インターネット上で決済や取引ができる暗号通貨は、それ自体で独立した「お金」です。「ドル」や「円」と同じように「BTC(ビットコイン)」など、個々の通貨単位があるわけです。

暗号通貨のメリット・デメリットは?

では、暗号通貨のメリットとデメリットをそれぞれ見ていきます。

暗号通貨のメリット

暗号通貨のメリットは大きく分けて3つあります

  • 取引コスト、時間を抑えられる
  • 国に依存しない
  • 投資対象として有能

それぞれ下記で見ていきます。

取引時のコスト、時間を抑えられる

上記でもお話ししましたが、暗号通貨は送金時のコストや送金時間を大幅に抑えられます。

何度も言いますが、暗号通貨なら取引時の第三者の必要がなく、その分コストが抑えられます。 仲介業者が多ければ多いほど手数料が大きくなる法定通貨と比べ、暗号通貨はほぼ無料で送金ができるのです。

送金時間も段違いに短いのです。

国に依存しない

先ほど言いましたが、暗号通貨は国の管理を必要としないので、その国の経済状況や災害に価値が左右されません。

国に依存しないため、法定通貨より暗号通貨の方が価値を持つ国も存在します。

例えば、南米では暗号通貨が価値ある通貨とされており、ハイパーインフレが起こったベネゼエラでは、自国通貨より安定した価値を持つ暗号通貨を好んで使うようになり、今ではかなり実用化されています。

このように、暗号通貨は国に依存しないため、非常に注目を浴びているのです。

投資対象として有能

さらに、大きく儲けられる可能性がある投資対象として注目を集めています。

ビットコインは当初、1ビットコイン=0.00ドルとなっており、無価値でした。

それが一時期1ビットコイン=約240万円前後と高騰しました。

もしもビットコインを発行当初から持っていたら、資産を何百倍、何千倍、何万倍にも増やせたことになります。

暗号通貨のデメリット

暗号通貨にはもちろんメリットだけでなく、デメリットやリスクもあります。

  • ボラティリティ(価格の変動性)が高い
  • ハッキングリスク

ボラティリティ(価格の変動性)が高い

ボラティリティとは、価格変動のことです。

昨日までは1ビットコイン20万円だったのに今日は25万円になっていたら、5万円も価格が上昇していることになります。

価格変動が激しい場合、大きく価格が上昇する反面、大きく下落する可能性もあるのです。

ハッキングリスク

暗号通貨の大きなデメリットは、ハッキングリスクです。

ブロックチェーン自体には問題ありませんが、実際に暗号通貨で取引を行う為に登録する「取引所」にハッキングして暗号通貨を盗むハッカーが存在します。

暗号通貨の売買ができる「取引所」がハッキングされるので、セキュリティの高い取引所を選ぶ必要があります。

暗号通貨(仮想通貨)取引の始め方【取引所・販売所の口座開設の流れ】 暗号通貨における基礎についてお話してきましたが、この記事では、「具体的な購入方法」についてみていこうと思います。 かなり簡...

どんな種類があるの?

暗号通貨の種類は現在、2000種類を超えると言われています。
実際に世間で流通しているものは500種類ぐらいですし、日本で取引されているのは20種類くらいです。

メジャーな銘柄をいくつかご紹介していきたいと思います!

ビットコイン

「ビットコイン」絶対に押さえておきたい銘柄はですね。

ビットコインは2009年に流通を開始し、当初は1BTCに1円の価値もありませんでした。それが一時は240万円まで高騰し、現在2020/05月には100万円付近で止まっています。

アルトコイン

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びますがこのアルトコインは数千種類存在します。

日本で取引できるアルトコインは少ないのでこちらの記事で紹介しています。

暗号通貨(仮想通貨)の種類 【国内取り扱い銘柄13種】初心者はどれを買えばいいの? 「暗号通貨を始めてめたいけど、種類が多すぎて何を買えばいいかわからない」 「利益率の高い初心者おすすめの暗号通貨は...

 

では、このような暗号通貨を取引できる、取引所をみていきましょう。

暗号通貨の取引所

暗号通貨を手に入れる方法はいくつかありますが、「取引所」と呼ばれる暗号通貨を扱う会社から購入するのが一般的です。

取引所は国内外にたくさんありますが、大手は数社です。

慣れた方なら海外の取引所を利用するのも良いですが、まずは国内の取引所をしようしましょう。

  1. コインチェック
  2. GMOコイン
  3. ビットフライヤー
  4. DMMコイン

この四つが国内最大手でしょう。

取引所に登録する

コインチェック

暗号通貨を取引するには、取引所に登録する必要があります。

今回はスマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録し、取引手数料は無料、国内では最多となる12通貨に対応した「コインチェック」を例に説明していきます。

ちなみにコインチェックは国内大手取引所ですし、画面が圧倒的に見やすいので、初心者さんにオススメです。

それでは手順です!

1 コインチェックのページから、アカウント作成


コインチェックのページ>>

Facebookでも登録できますが、セキュリティ面から見てメールアドレスを使用しましょう。
パスワードも特定しにくい複雑なものに設定しましょう。

メールアドレスを登録すると、コインチェックから届いたメールに添付されているURLをクリックしてアカウント作成が完了します。

その後、本人確認を行い登録完了です。

では、いよいよコインを購入してみましょう!

2 入金しコイン銘柄を選んで購入

購入は超簡単で、買いたい銘柄を選択肢、数量を入力、その後「購入する」ボタンを押すだけです。

ちなみに、入金方法は3種類でかなり簡単です。

コインチェックの専用アプリでは365日どこでも手軽に暗号通貨が売買できます。

暗号通貨(仮想通貨)取引の始め方【取引所・販売所の口座開設の流れ】 暗号通貨における基礎についてお話してきましたが、この記事では、「具体的な購入方法」についてみていこうと思います。 かなり簡...

以上、暗号通貨に関する基本知識を記事にしてみました。

これからも発展し続けるであろう暗号通貨を、ぜひこの機会に始めてみては?

ABOUT ME