ゼロからFX入門

FXのレバレッジと証拠金とは?【初心者必見】証拠金維持率とロスカット発生の危険について

FXは通貨を取引するものでよね。
その取引に要する資金が“証拠金”と呼ばれています。

外国為替証拠金取引(FX)を始めるにはまず、「証拠金」が必要になります。

証拠金とは、いわば担保のようなものです。

その中でも「必要証拠金」とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のことです。

FXでは少額の証拠金=資金をもとにレバレッジ効果を利用することにより、実際の資金(証拠金)より大きな金額で運用を行うことが可能です。

本記事では、このような基本的な知識について投資初心者さんに向けてお話しします!

必要証拠金とは?

必要証拠金とはFX取引を行うためにFX会社に預け入ればければならない最低限の証拠金をいいます。

個人のFX取引では「取引額の4%以上の証拠金」を預け入れる必要があります。

例えば、1ドル=100円のときに100万円分の取引をするときは、証拠金が4万円必要です。

従って、必要証拠金の計算は、取引金額×0.04(4%)となります。200万円取引するなら必要証拠金は8万円ですね。

必要証拠はなぜ4%なのか

なぜ必要証拠金が4%なのかと言いますと、「日本ではレバレッジが最高25倍」となっているからです。

4%×25%=100% ということです。

ただし、含み損が必要証拠金を下回ってしまうと強制決済(ロスカット)となりますので、実際の取引では、必要証拠金以上の金額を預け入れて行います。

必要証拠金+余剰証拠金=有効証拠金

レバレッジを理解するうえで重要な用語がありますので、解説しておきます。

実際の取引では必要証拠金以上の金額で行いますが、必要証拠金を超える分の証拠金を、「余剰証拠金」といいます。

そして、「余剰証拠金」と「必要証拠金」を合わせたものが「有効証拠金」になります。

例えば、30万円を入金し、100万円分の取引を行った場合の必要証拠金は4万円余剰証拠金は24万円となります。有効証拠金は30万円です。

投資始めるなら最初に開設したい証券口座【FX, 株,暗号通貨,CFD(金,原油,ETF)etc...】今日は、投資を始める際の一番最初のステップである、口座開設についてお話しします。 「FXがやりたい」「株がやりたい」など、人それぞ...

レバレッジとは

レバレッジとは、「一時的に借金をする事で、持っている資金より大きな金額で取引ができること」です。

担保となる取引保証金にレバレッジをかけると、何倍もの金額で外国通貨を買うことができます。

証券会社によってかけられるレバレッジの大きさは異なりますが、20倍から25倍が主流となっています。

  • 日本国内=最大25倍まで(法律で決まっています)
  • 海外FX=400倍から500倍のレバレッジが一般的になっていますが、ハイレバレッジ(高いレバレッジ)取引は、リターンが大きい分、損失も大きくなるので危険です。

レバレッジ取引の具体例

  1. 10万円の資金でFXを始めた。
  2. アメリカドルが100円の時に、10倍のレバレッジで100万円分購入した。
  3. アメリカドルが101円になった時に全て売却した。
  4. アメリカドルが1円上昇=101/100=101%であるため、100万円が101万円になり、1万円儲り、資金は11万円になりました。

必要証拠金とレバレッジ

では、「必要証拠金」「余剰証拠金」「有効証拠金」はどのようにレバレッジと関係しているのでしょうか。

例を見ながら説明します。

例えば米ドル/円で2万ドルの取引を1ドル=100円で行う場合は、最低いくらの証拠金が必要でしょうか?

ドル=100円のとき、2万ドルの取引にかかる最低必要証拠金

  • 100円×2万ドル×4%=80,000円 となります。

この取引のレバレッジは下記のようになりますね!

  • 有効証拠金80.000円で取引すればレバレジは25倍
  • 有効証拠金160.000円で取引すればレバレッジは12.5倍
  • むちろん、200万円で取引すれば、有効証拠金は200万円で、レバレッジは1倍となります。

レバレッジをかければ、2万ドル(約200万円)【100円(為替レート)×20,000(建玉総数)】相当の取引を、「8万円〜200万円」で運用することが可能です。

すなわち、

「必要証拠金」があれば全ての取引が25倍のレバレッジで可能です。

そして、「必要証拠金」に「余剰証拠金」を足せば足すほど「有効証拠金」が増え、レバレッジは下がっていく計算になります。

取引量別の必要証拠金の例

FXのレバレッジと必要証拠金の関係は、取引量で変わるのがお分かりいただけたと思います。

FX会社によって最低取引量(1枚〜10.000枚)が変わりますので、米ドル円(1ドル=100円時)の取引量別の必要証拠金を会社ごとに見てみましょう。

10.000枚からの取引が一般的ですが、1枚(ドルなら1ドル)から取引できる会社もあります。

ドル円100円時の取引単位別:レバレッジ・必要証拠金
取引単位※対応FX会社一覧 レバレッジ 必要証拠金
1通貨:100円
(1ドル100円×1通貨)※対応FX会社:SBIFXトレードのみ
1倍(レバレッジなし) 100円
10倍 10円
25倍 4円
100通貨:10,000円
(1ドル100円×100通貨)※対応FX会社:マネーパートナーズのみ(nano口座)
1倍(レバレッジなし) 10,000円
10倍 1,000円
25倍 400円
1,000通貨:100,000円
(1ドル100円×1,000通貨)※対応FX会社:外為どっとコム, ヒロセ通商, ワイジェイFXなど
1倍(レバレッジなし) 100,000円
10倍 10,000円
25倍 4,000円
10,000通貨:1,000,000円
(1ドル100円×10,000通貨)対応FX会社:GMOクリック証券, DMM.com証券 など
1倍(レバレッジなし) 1,000,000円
10倍 100,000円
25倍 40,000円

 

証拠金維持率とレバレッジの危険

魅力的に思えるレバレッジですが、危険もあります。

当たり前ですが、金額が大きくなればなるほど、損した時に失うお金の量も増えます

証券会社では必要証拠金が設定されていますが、レバレッジがかかった取引では、この証拠金維持率の変動が激しくなります。

証拠金維持率が50%を下回るとロスカット(強制決済)が発生するので、証拠金維持率は高ければ高い方が良いとされています。

すなわち、レバレッジは低い方が良い!ということです。

証拠金維持率と計算方法

「証拠金維持率が低い場合、ロスカットの可能性が高くなる」ことについて詳しく見てみます。

大前提として下記の事を覚えておいてください。

証拠金維持率=ポジション必要証拠金に対して占める純資産額の割合のこと。

従って、含み損が増えれば増えるほど証拠金維持率は下がり含み益が出れば出るほど証拠金維持率は上がります

この含み損が膨れ上がり、証拠金維持率が50%を下回るとロスカット(強制決済)が発生し、強制的に損失が確定されます。

例えば、

ドル/円レート100円の時最低証拠金の4万円、すなわち、レバレッジ25倍で買いから取引した場合、ドル/円が98円以下に下落すると、「必要証拠金に対して占める純資産額の割合50%である2万円以上の含み損」が発生した時点で、その取引は決済され、2万円の損失が確定します。

もしかしたら、強制決済された後にドル/円が高騰し、102円になった場合、2万円の利益を出せていたかもしれませんね。

もしも、証拠金8万円で取引していれば、ドル/円が94円まで下落しない限りロスカットは発生しません

*計算方法は下記で説明

この証拠金維持率の計算方法はトレードを行う上で必要になってくるので、下記で説明します!

【証拠金維持率とレバレッジの計算方法】

証拠金維持率の計算方法は以下の通りです。

  • 証拠金維持率  = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100%


1ドル=100円のときに、1万通貨(100万円分)を8万円で買う場合

8万円(有効証拠金)÷4万円(必要証拠金)×100% = 200%
※必要証拠金の計算:100万円(1万通貨)×4%=4万円
証拠金維持率は200%となります。

このときのレバレッジは100万円(100円×1万通貨)÷8万円で12.5倍と計算されます。

証拠金維持率とレバレッジの関係

証拠金維持率=2,500% レバレッジ1倍
証拠金維持率=1,250% レバレッジ2倍
証拠金維持率=500% レバレッジ5倍
証拠金維持率=250% レバレッジ10倍
証拠金維持率=100% レバレッジ25倍 アラート発生
証拠金維持率=50% ロスカット発生

おさらいになりますが、ロスカット=一定の損がでたらそれ以上損しないように強制的に決済されることです。

上記からわかるように、高レバレッジの怖いところは、このロスカット発生が起こりやすいことです。

  • 1万通貨の米ドル(100万円分)を1ドル100円の時、取引した場合

10万円の必要証拠金で100万円を取引したとき(レバレッジ10倍)

10万(有効証拠金)÷4万(必要証拠金)×100=250%(証拠金維持率)

250%の証拠金維持率からスタートし、証拠金維持率が50%を下回った場合、すなわち、8万円以上の含み損がでた時点でロスカットが発生します。

ドルが100円から8円下がって92円にまでドルの価値が下がると8万円の損が確定してしまうのです。

一方、100万円の必要証拠金で100万円を取引したとき(レバレッジ1倍)は、98万円の損失が出たときにロスカット発生です。100円から2円まで、ドルが98円下落しないとロスカットは発生しませんので、長期で保有しても安心です。

このように、レバレッジが高くなればなるほど、必要証拠金の維持率の変動が激しくなってしまい、ロスカットに近づくというわけです。

ですので、初心者のうちはレバレッジを出来るだけ低く設定して取引しましょう。

レバレッジの設定方法

レバレッジの設定方法で勘違いしてしまうことがおおいのですが、

「レバレッジを2倍に設定」

のようなボタン設定はありません。

取引できる上限(最大25倍)が決まっていて、取引したい金額と証拠金から自分でレバレッジを計算し調整してから取引をします。

例えば、証拠金を10万円入れておいた場合に100万円の取引をしたから、レバレッジは10倍だな。と自分で計算します。証拠金の25倍を超える金額でのトレードはできない設定になっています。

 

いかがでしたか、かなり計算が多くて最初は難しいと思いますが、トレードを重ねるうちに慣れてくることでしょう!

投資始めるなら最初に開設したい証券口座【FX, 株,暗号通貨,CFD(金,原油,ETF)etc...】今日は、投資を始める際の一番最初のステップである、口座開設についてお話しします。 「FXがやりたい」「株がやりたい」など、人それぞ...
ABOUT ME