ゼロから株式入門

株式 キャピタルゲイン-キャピタルロスとは【価格変動での損益】

株式投資で狙える利益には2つの種類があります。「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」です。こちらの記事では、キャピタルゲインについて解説します。

キャピタルゲイン(capital gain)とは

キャピタルゲインとは、「値上がり利益」のことです。

「株で儲けた」と聞けば多くの人がこのキャピタルゲインいよる利益だとイメージするでしょう。実際、株式投資では、このキャピタルゲイン目的で投資を行う人がほとんどです。

株式を購入したときよりも売却するときのほうが株価が高ければ、その差額が利益になるのがキャピタルゲインです。

株価が安い時点で購入し、値上がりした時点で売却すれば、「キャピタルゲイン」利益がでます。反対に、株価が値下がりし、購入時よりも安く売却しなければならない場合に出た損失を「キャピタルロス」と言います。

(株式の信用取引で売りから取引し、利益を得た場合もキャピタルゲインに該当します。)

  • キャピタルゲイン=価格変動での利益
  • キャピタルロス=価格変動での損失

100円で100株買った企業の株価が1000円になった時に売った場合、900円分上昇したので、900円の100株分の90000円が値上がりによる利益になります。

購入時 100円×100株=1万円
売却時 1000円×100株=100,000万円
値上がり益 10万円ー1万円=9万円
ABOUT ME