ゼロからFX入門

FXのテクニカル分析・指標とは【初心者必見解説】FXを始めるための基本知識

本記事では、FXにおける分析手法であり、テクニカル分析についてみていきます。

FXの投資分析手法にはファンダメンタルズ分析テクニカル分析の2種類あります。

ファンダメンタルズ分析については下の記事で解説しています。

FX ファンダメンタルズ分析とは【主な分析要因をわかりやすく解説】当記事では、FXの分析手法の一つであるファンダメンタルズ分析について投資初心者さんに向けて解説します。 以前にもお話ししましたが、...

では早速テクニカル分析についてみていきましょう!

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、通貨の値動きの推移をグラフ化したチャートを使い、値動きを分析することです。

イントロでFXには2種類の分析方法があるとお話ししましたが、それらを比べてみると下記のようになります。

  • ファンダメンタルズ分析=ニュースや経済指標、政治などの為替に影響する事柄から今後の値動きを分析
  • テクニカル分析=角度や計算式の指標を使った専用チャートを使って今後の値動きを分析

テクニカル分析では、証券会社が提供するツール(テクニカル指標やチャート)を使って、相場の予測をします。

様々な「テクニカル指標(分析ツール)」が開発され、いくつかの分析ツールを組み合わせて使ったり、逆に「ローソク足」と呼ばれる基本チャートのみを使ってトレードする人もいます。

ここからは、超基本的な「テクニカル指標」(分析ツール)から、上級者向けの「テクニカル指標」(分析ツール)をみていきます!

テクニカル分析の分類

テクニカル分析の指標には、大きく分けてトレンド系オシレーター系の2種類の分類が存在します。

  • トレンド系=トレンド(価格が上昇トレンドか下落トレンドか)の方向を表示したテクニカル指標
  • オシレーター系=買われすぎ、売られすぎを判断するテクニカル指標(例、いつもより買われすぎている→もうすぐ売られるかもしれない)

代表的なテクニカル分析の指標として「ローソク足」「単純移動平均線」「ボリンジャーバンド」「ストキャスティクス」「RSI」「MACD」「一目均衡表」「RCI」「パラボリック」などがあります。

これらの指標をトレンド系とオシレータ系に分類すると下記のようになります。

トレンド系 ・移動平均線
・一目均衡表
・ボリンジャーバンド
・パラポリック
・ポイント・アンド・フィギア
・ペンタゴンチャート
オシレーター系 ・RSI
・ストキャスティクス
・DMI
・MACD
・CCI

では、これらの指標を詳しく見ていきましょう。

トレンド系指標・解説

移動平均線

移動平均線はテクニカル指標の中でも有名で多くのトレーダーが使用しています。

移動平均線は一定期間の平均価格を算出し、平均値を連続させて線を引きます。その線が上向きか下向きかなどを見て、相場の方向性を掴みます。

かなり簡単な構造で、初心者の方でも理解しやすいと思います。

手法の例

移動平均線からわかる、有名な買いサイン(買いシグナル)と売りサイン(売シグナル)があるので紹介しておきます。

  • 「ゴールデンクロス」は買いサイン(買うべきタイミング) = 短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へ突き抜けた時
  • 「デッドクロス」は売りサイン(売るべきタイミング) = 逆に短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下へ突き抜けた時

移動平均線の計算方法には多く区分けて下記の3つがありますが、単純移動平均だけでもかなり使えます。

  1. 単純移動平均(SMAまたはMA)
  2. 加重移動平均(WMA)
  3. 指数平滑移動平均(EMA)

一目均衡表

一目均衡表は日本で生まれ、今も世界中で利用されている指標です。

かなりゴチャっとした指標ですので、初心者さんは少し触れがたいと感じてしまうかもしれませんが、覚えてしまえばかなり役に立つ指標です。

基本的には、ローソク足と合わせて使用し「5本の線」「雲という抵抗帯」で相場の動向を予測します。

  • 「5本の補助線」=基準線、転換線、遅行線、先行スパン1、先行スパン2
  • 「雲」=先行スパン1と先行スパン2の間が抵抗帯である「雲」(抵抗帯が厚ければ突破づらく薄ければ価格変動の前兆とされる)

手法の例

買いサイン(買いシグナル)

  • 転換線が基準線を下から上に突き抜けている時
  • 遅行線がローソク足を下から上に突き抜けた時

売りサイン(売りシグナル)

  • 逆に転換線が基準線を上から下に突き抜けている時
  • 遅行線がローソク足を上から下に突き抜けた時

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは「値動きが一定の幅に収まる」という前提で、価格の上限と下限を一目で分かるように表示しています。

ボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差で算出された「上下の価格帯(バンド)」が相場の相場の振れ幅(ボラティリティ)によって大きさが変化し、±1σ標準偏差内で動く確率は68%、±2σ標準偏差内で動く確率は95%とされています。

  • バンドが拡大傾向=値動き(ボラティリティ)が大きくなっている
  • バンドが縮小傾向=値動き(ボラティリティ)が小さくなっている

手法の例

  • ローソク足が±2σを抜けたタイミングで逆張り
  • バンドが縮小から拡大傾向になるタイミングでローソク足が終値で+2σを越えた段階で順張り

オシレーター系指標・解説

RSI

RSI(相対力指数)、一定期間の相場の「値上がり幅」と「値下がり幅」を基に数値を算出し、買われすぎ・売られすぎを判断する手法です。

手法の例

数値は0~100で示されています

  • 70%~80%を超えると買われ過ぎ
  • 20%~30%を下回ると売られ過ぎ

逆張りトレード指標として使われることが多く、レンジ相場で有効に機能します。

でうすが、問題点としては、トレンド相場の場合は逆張りのポイントでも機能しないこともあるので注意してください。

MACD

MACD(マックデイー)は移動平均収束拡散手法とも呼ばれており、

移動平均線を発展させて開発された指標で、短期の移動平均線と中長期の移動平均線差によって算出し、買いと売りを判断する手法です。

MACDラインシグナルラインの2本があります。

手法の例

  • MACDラインが0よりも上にあるとき=上昇トレンド
  • MACDラインが0よりも下にあるとき=下降トレンド
  • 平均移動線同様、MACDとシグナルラインのゴールデンクロス・デッドクロスも存在

ストキャスティクス

ストキャスティクスは持ち合い相場(レンジ相場)で、一定期間の高値と安値を使い算出し、買われ過ぎか売られ過ぎかを判断するテクニカル指標です。

2本の線で構成されています。

  • 動きの速い%K(パーセントK)ライン
  • 動きの緩やかな%D(パーセントD)ライン

手法の例

  • %Kラインが75%を超す水準では買われすぎ
  • 逆に%Kラインが25%を下回る水準では売られすぎ
  • 売買の目安として%Kラインが%Dラインを上抜けたら買いシグナル
  • %Kラインが%Dラインを下抜けたら売りシグナル

問題点としては、ストキャスティクスは感応度が高いためダマシが多く発生します。

ですので、感応度を抑えたスローストキャスティクスを用いることが有効です。

まとめ

いかがでしたか、指標の多さに驚かれた方も多いのではないでしょうか?

まず最初はローソク足と移動平均線の分析の仕方を学ぶことから始めてみて下さい。

単純な指標ではありますが、極めれば移動平均線だけでもかなり高度なトレードが可能です。

とはいえ、自分のスタイルに合った指標を見つけるには、まずトレードをしてみることが大切です。

しかしながら、FX取引を始めてみたいと思っている方はまず証券会社選びで苦労すると思います。是非かきの記事を参考にしてみて下さいね!

投資始めるなら最初に開設したい証券口座【FX, 株,暗号通貨,CFD(金,原油,ETF)etc...】今日は、投資を始める際の一番最初のステップである、口座開設についてお話しします。 「FXがやりたい」「株がやりたい」など、人それぞ...
ABOUT ME