ゼロからFX入門

「ロット」と「枚」の違い【1Lot=1枚】1ロット=1万通貨(国内)

ロットと枚の違いは特にありません。

では、ロットと枚とはなんなのでしょうか?

簡単にいうと、「1ロット(一枚)=1万通貨」という意味です。下記で詳しく説明します。

ロット(lot)とは?

海外FXブローカーでよく使われるFXの取引単位は「ロット」です。意味は「枚」と変わりません。

  • 海外FXでは、1ロット=10万通貨として定義されることが多い
  • 国内FXでは、1ロット=1万通貨として定義されています

10万通貨とは、文字通りある通貨の10万通貨ということです。例えば、1ドル100円の時に、米ドルを10万通貨買ったら、100×10万で、1000万円分買ったことなります。1万通貨買った場合は、100万円分買ったことになりますね。

なぜ1ロット=1通貨にしないのかというと、
売りor買い注文する際にわざわざ「10000」と入力すると、めんどくさいし打ち間違うことが多くなるでしょう。
ですので、「1」と入力すれば、10万通貨(1ロット)で発注できたら便利ですよね。

○枚とは?

枚とは、「最低取引単位」のことですが、前述の通り、枚=ロットで覚えてしまって問題ありません。
「○枚」という呼び方は、国内FXでよく使われます。

例えば、「ドル円1枚買った(1枚=1万通貨)」このような感じです。

国内FXブローカーでも1枚=10万通貨と定義していたり、会社によって異なるので注意してください。ちなみにDMMFXは1枚=1万通貨です。

証券口座【DMM.com FX・CFD・株】が初心者にオススメな理由 今日は私が「投資初心者さんにオススメ」だと考える証券口座、【DMM.FX】【DMM.CFD】【DMM.株】についてなぜ初心者にオススメな...
ABOUT ME