ゼロからTOEIC

Lesson1 TOEIC L&R【パート1(Photographs)対策】解答方法とコツ

TOEICL&Rリスニングのパート1である、Photographsの解き方や対策方法を見ていきます。

少しコツを押さえるだけでスコアアップに繋がるので、初心者必見です!

TOEIC パート1(Photographs)問題形式

まずは問題形式について確認しておきます。

トーイックパート1問題形式

  • 合計6問=写真を見てそれについて適切な説明を三択から選択します。

一枚の写真をみながら、その写真を解説するリスニングパッセージが4つ(A,B,C,D)再生されます。

4つのうち、適切に写真を説明できている1つを選択します。

TOEICの写真描写問題は、現在進行形で再生されます。

下記のサンプル問題で問題の概要を掴みましょう。

リスニングセクション Part1 例題サンプル

Directions : For each question in this part, you will hear four statements about a picture in your test book. When you hear the statements, you must select the one statement that best describes what you see in the picture. Then find the number of the question on your answer sheet and mark your answer. The statements will not be printed in your test book and will be spoken only one time.

Part1 image

Statement (C), “They’re sitting at a table,” is the best description of the picture, so you should select answer (C) and mark it on your answer sheet.

再生ボタンを押すと音声が流れます。

No. 1

Part1_no.1 image

再生ボタンを押すと音声が流れます。

Answer Sheet

No. 2

Part1_no.2 image

再生ボタンを押すと音声が流れます。

TOEIC パート1 解答方法・解答のコツ

では、リスニングセクションの具体的な解答方法とコツについて解説していきます。

消去法で解く

TOEIC リスニングパート1は消去法でときます。

リスニングパッセージは1度しか再生されません。A→B→C→Dの順番で再生されます。

全て再生された後にAかBかCかDなのかを考えてはいけません。

AやBなどの選択肢が何を言っていたかを覚えておくことは不可能です。

  1. 従って、Aのリスニングパッセージが流れた時にAが正解か否かを考えます。
  2. 正解ではない時には、Bのリスニングパッセージを聞き正解か否かを考えます。
  3. これをCとDも行います。
  4. 正解が断定できた時は、マークシートを黒色で埋めます。

たとえ、正解が断定できない場合も、消去法を使うことで、正解か不正解か判断できないものが正解となるので、正解率が上がります。

TOEICの文法では、代名詞とBe動詞がくっついています。

  • They’re
  • She’s
  • I’m
オンライン英会話
【TOEIC L&Rオンライン対策】オススメ講座・英会話スクール・アプリまとめ「ネットでトーイック 試験 勉強」本記事では、TOEICのオンライン対策についてまとめてみました。 一番効率的にTOEICを学ぶ方法は、予備校に通うことです。 ...

写真種類別 文法の違い

写真の種類は、写っている物で分類すると3種類になりますが、それぞれ主語が変わってきます。

  1. 1人
  2. 複数人

出てくる主語を把握しておくと、設問の内容が予測出来たり、選択肢の消去法が素早くできたりと、メリットがありますので覚えておきましょう。

1人の写真

一人に人物が写っている問題の場合、その人物の動作に注目します。

He、She、One man, One woman など=人の動作を見る

複数人が写っている写真

Theyの場合=共通の動作を見る

One of the men, One of the womenの場合=複数人のうち一人を見る

物が写っている写真

A desk, A drawer, A chair など=全ての選択肢の主語を聞き分け、それぞれの動作(位置や状態)を見る

TOEICの表現で、”is being 過去分詞”と”have/has been 過去分詞”が何度も出てきます。

この違いが絶対に問われます。

”is being 過去分詞”は進行形受け身で、動作の途中(されている途中)を表します。=人が写真に写っているべき

”have/has been 過去分詞”は完了形の受け身で、動作がされた後の状態を表します。=人が写真にいらない

これらのポイントを押さえて問題集を解いてみて下さい。

正直、パート1に関しては革新的なコツが見つからないのも事実です。

もし点数に伸び悩んでいるならプロに任せるのも良いでしょう。

オンライン英会話
【TOEIC L&Rオンライン対策】オススメ講座・英会話スクール・アプリまとめ「ネットでトーイック 試験 勉強」本記事では、TOEICのオンライン対策についてまとめてみました。 一番効率的にTOEICを学ぶ方法は、予備校に通うことです。 ...
Lesson 2 TOEIC(L&R)【パート2 (Question and Response)対策】TOEIC リスニングのパート2である、Question and Responseの解き方や対策方法を見ていきましょう。 TOEIC ...
ABOUT ME