ゼロから投資入門

そもそも投資家とは何か【資本家>投資家>経営者>労働者 】個人投資家と機関投資家

「投資を始めようと考えているが、投資家になるとはどういうことなのか?」

「そもそも投資家とは?」

「株主は投資家?それとも資本家?」

などと考えている人も少なくないと思います。投資家や資本家など似たような言葉が多く存在しているためそれらを混合しがちです。

今日は、「投資家とはなにか」について詳しく見ていきます。

資本家>投資家>経営者>労働者 あなたはどれ

投資家を理解する上で資本主義についてさらっとおさらいしておく必要があります。

下記のようなヒエラルキーが資本主義の説明によく使われているのを目にします。

「資本家>投資家>経営者>労働者」

  • 資本家= お金を出資して、そのお金以上のリターンを得る人(直接的に企業の経営に関わっている)
  • 投資家=お金を働かせることで、新たなお金を得る(企業と密接な関係にはない)
  • 経営者=雇っている労働者に働いてもらうことで、お金を得る
  • 労働者=経営者に雇ってもらい、給与をえる

ことようになっているわけです。

注目したいのは、以下の点です。

  • 資本家と投資家は、お金を使ってお金を生んでいる人
  • 経営者は、労働者の時間を買って、働いてもらうことで、お金を得ている人
  • 労働者は、自分の時間を売って、自分で働いてお金を得ている人

それぞれの立場が重要な役割を担っていますが、上に行けば行くほど、お金と時間の両方を多く得ることができるため、資本主義ではこのようなヒエラルキーが成り立つのです。

投資家とは

では、その中でも投資家とはなんなのかを解説していきます。

投資家=事業・不動産・証券などに投資をする人。個人である個人投資家と、法人である機関投資家とに分けられる。

デジタル大辞泉

簡単に言うと、投資家とは「将来価値が上がるものにお金をつぎ込む人」ということです。

2種類の投資家

投資家には2種類あります。

  • 個人投資家=個人で投資をしている人(ほとんどの投資家が個人投資家)
  • 機関投資家=投資を専門とした会社で働いている投資家

個人投資家とは

私のような、どこの企業や機関に属さない、投資家のことです。

ほとんどの投資家がこのグループに属しています。

例えば私の父や母、兄貴も個人投資家です。

テレビでよく目にする「投資で大儲けした」なんてニュースに出てくる人も個人投資家です。

個人投資家のタイプ

個人投資家でも投資手法によって様々なタイプがあります。

  • 投資の方法(株や為替、不動産など)
  • 運用資金
  • トレード方法(短期から長期など)

個人投資家には、初心者の投資家から何百億円を運用するような上級投資家まで存在します。

日本証券業協会が5000人の個人投資家を対象に行った調査によると

過半数の証券保有額=300万円未満

31.3%の証券保有額=100万円未満

69.2%の個人投資家の年収=500万円未満

となっており、個人投資家といっても運用資金はばらばらです。

個人が投資を始めるのがいたって簡単になってきたので、これからも個人投資家は増え続けると考えられます、、

機関投資家とは

機関投資家は、企業で働くプロの投資家たちです。

顧客から預かった巨額の資金を株式や為替などで運用することで、巨大なリターンを生み出しています。

  1. 個人投資家や資産家、企業が投資信託(ファンド)と呼ばれる機関にお金を預ける
  2. 預かったお金を、ファンドマネージャーと機関投資家よって運用
  3. その機関投資家によって生み出されたお金を、出資してくれた個人投資家や企業、貴族や資産家たちに利子をつけて返却

運用資金が多ければ多いほど、投資の規模はでかくなるので、より多くの資産を運用できるわけです。

また、身近な例として国民年金GPIF(独立行政法人年金積立管理運用)という機関投資家に運用されています。

どうやって投資家になるのか

ではどのようにして投資家になるのでしょうか?この答えはシンプルです。

「証券口座で取引を始めれば誰でも個人投資家」

投資家になるには特別な資格が必要なわけではありません。

FXや株式、投資信託など投資には様々な種類がありますが、どの投資もネットで証券口座を開けば誰でも行うことが可能です。

投資と聞くと「難しくて手が出せない」や「危険」ととらえがちですが、現代では学生や主婦、サラリーマンなど、投資を専業としない人たちでもすぐ投資を始められます。

投資にはどのような種類があり、どれが向いているかを知ることが第一のステップでしょう。投資の種類についてまとめた記事を載せておきますね!

investment
投資は何から始めたらよいのか(投資の種類や始め方をシンプルにまとめました)こんにちはマサです。今日は投資を始めたいけどなにをどうしたらいいのか分からないという方に向けて投資の始めかたを解説します。 よく聞...

実際に取引を始めるには証券口座を開設することが必要です。5分程度の手続きで口座開設ができますので便利な時代になったものです。

投資初心者さんの最初の壁は、ネット証券を選ぶところにあると思います。ですから、初心者さんにおススメね口座を紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

投資始めるなら最初に開設したい証券口座【FX, 株,暗号通貨,CFD(金,原油,ETF)etc...】今日は、投資を始める際の一番最初のステップである、口座開設についてお話しします。 「FXがやりたい」「株がやりたい」など、人それぞ...

投資の神様 ウォーレン・バフェット(おまけ)

おまけで、元個人投資家のウォーレン・バフェット氏をご紹介します。

バフェット氏は「投資の神様」と呼ばれている、投資家なら誰でも尊敬する世界的な投資家です。

投資だけでなく、経営なども手掛けていましたが、「バリュー投資」(本当は価値が高い会社の株価が割安な時に買って長期的に保有し、利益を出す)にて、総資産約89000億円を築けあげた投資家です。

投資家になるなら、ウォーレンバフェットの本は絶対に読んでおいたほうがいいですので、よかったらチェックしてみてください。


証券口座【DMM.com FX・CFD・株】が初心者にオススメな理由 今日は私が「投資初心者さんにオススメ」だと考える証券口座、【DMM.FX】【DMM.CFD】【DMM.株】についてなぜ初心者にオススメな...
ABOUT ME