ゼロから株式入門

株と株主 入門【もそも株ってなんなの?】知って得する株の基礎

株式や株主がどれほど大きな力を持っているかを理解することが、株式投資の最初のステップとなります。

「株は、会社が資金調達のために発行するやつ」

なんて曖昧なまま消化してしまってはもったいないので、今日は

意外ときちんと理解している人が少ない「株ってなに」について解説します。

株と株主

「株式を購入する形でその会社に出資して、企業を経済的に応援するもの」

と株を捉えるのは、間違ってはいませんが、少し説明が足りません。

株式を買うということは、「応援」するというよりは、「会社のオーナーになる一部の権利を買う」ということなんです。

株主になるということは、その出資額がどれだけ小さくても、その会社の所有権を持つという事です。

株とは

株式の購入は画面上で取引することが多いため、つい忘れがちなのは、株を購入することは、会社の所有権を買うという事です。

企業の支配権すなわち所有権を買おうとすれば、莫大なお金がかりますよね。それでは誰も買ってくれません。

ですので、その支配権を細かく分けて、個人でも買えるようにしたのが株式です。

よく聞く「上場」とは、会社の株式を分けて一般の人が買えるように、取引所に自社の株を公表することを言います。

株主とは

そして、その株式を保有しているのが「株主」です。

会社で一番偉いのは株主です。社長じゃありません。そもそも、「社長」なんて用語は法律用語にはないですけどね笑

社長というのはその会社を「代表する取締役」です。そして、その取締役を指名できるのが株主です。

さらに、法律用語で「社員」というと株主のことを指します。株主こそが、会社の社員なんです。

「じゃあ、その会社で雇われて働いてる人は?」と思いますよね。

会社で雇われて働いている人のことは「従業員」と呼びます。

では、もう少し株主の凄さを見ていきましょう。

株主の権利

株主は、大きく分けて「自益権」と「共益権」の権利を持ちます。

自益権

自益権とは、株主本人だけの利益に対する権利です。

例えば、

株式の売却益や配当金、株主優待などです。簡単に言うと、会社の利益の一部を得たり、会社特有のサービスなどが受けられたりします。

自益権には他にもこんなのがあります。

「株式買取請求権」

会社の方針に反対、株を売りたい。といったときに、株式を会社に買い取ってもらうことができます。

「残余財産分配請求権」

会社の経営が終わってしまったとき、その会社が借金などを返済してもなお余ったお金があったら、それを正当に配当される権利です。

 

「共益権」

共益権は会社の利益に対する「経営参画権」です。

簡単に言えば、「会社の方針や経営に物申せます」ということです。

株主は、会社の利益を分け与えられるだけでなく、会社経営も担っています。

もちろん、取締役や社長が従業員を束ねて会社経営をしていくのが一般的ですが、会社経営にかんする重大な決定は株主も参加することが認められています。

単独株主権と少数株主権

共益権には、大きく分けて2種類あります

単独株主権」=1株以上持っている株主が行使

少数株主権」=大株主のみが行使

単独株主権

株主総会での議決権が単独株主権のなかで一番有名ではないでしょうか。

株主総会=会社の最高意思決定機関で、会社の重要な方針を決める総会。決算月の権利付き最終日に株主の皆が出席可能。なお、株主総会は資本多数決で決まる。

資本多数決=多数決ではなく、株主が保有する株式の割合で決定権が変わる。従って、過半数以上の株式を保有することで、その会社の方針を支配できる。

議決権=株主総会で反対の主張をできる。

少数株主権

多くの株式を保有することで、その会社で大株主、すなわち少数株主になれます。

保有する株式の割合によって以下のような権利を行使できます。

1%以上……株主総会の招集手続等に関して、会社の業務・財務状況を調べる検査役の選任を請求する権利

1%以上または300株以上……株主総会での議題提案権・議案通知請求権

3%以上……検査役の選任を請求する権利(業務の執行に関し、会社の業務・財務状況を調べる)/会計帳簿の閲覧請求権/株主総会の招集請求権/役員解任の訴えの提起

10%以上……会社解散の訴えの提起

6分の1以上……簡易合併に対する拒否権

3分の1以上……合併・会社分割・定款変更などの拒否権

より詳しく載っています少数株主権

まとめ

株式がこんなにも大きな力を持っているなんて知っておいて損はないのでは?

これらの株式の基本知識を身につけておけば、株式に関するニュースが持つ背景や意味がより理解できるようになりますし、株主の権利を行使をする日がいつかやってくるかもしれませんね。

ABOUT ME