ゼロからFX入門

FXのトレードスタイル【スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード】初心者向けは?

今日はFXのトレードスタイルについてお話しします。

下記で紹介するスタイルはFXに限った話ではなく、株式やCFDなど、投資全般に当てはまるトレードスタイルとなります。ですから、投資基礎の一つとして考えてくださいね。

投資には、取引を始めてから終えるまでの取引期間に応じてスキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード(長期トレード)の4つのトレードスタイルがあります。

初心者さんはまず、どのスタイルが自分に一番適しているかを見極める必要があります。

そこで今日は、投資の4つのトレードスタイルとその特徴を解説し、自分に合ったトレードスタイルの選び方についてみていきます。

FXの投資スタイルは4つ

イントロでもお話ししましたが、主な投資スタイルは4つあります。

  1. スキャルピング(数秒~数分)
  2. デイトレード(数時間~1日
  3. スイングトレード(数日~数週間)
  4. ポジショントレード(長期トレード)

上から順に取引期間が長くなります。

自分に合ったトレードスタイルスタイル

FX取引を始めるなら、まずは自分のトレードスタイルを決めておくことが大切です。

自分のトレードスタイルを早いうちから固めることができれば、相場変動に動揺して起こる感情的なトレードをすることがなくなります。ポジションを決済する期間を決めてけば、冷静な判断をくだせるようになります。

相場に応じてトレードスタイルを変える

もちろん、上級者になってくれば、相場によってトレードスタイルを変えることも可能でしょう。

自分のトレードスタイルを決めておくことは重要ですが、上級者になるにつれ臨機応変にスタイルを変えることも必要になってきます。

例えば、買いポジションで入り、数か月保有する予定でしたが、価格が高騰して目標価格に達した場合は、数か月保有するよりも、すぐに売り決済をした方が良いですよね!

下記では、4つのスタイルについて詳しく見ていきます。

スキャルピングとは

スキャルピングを簡単に説明すると、超短期で取引するFXの手法です。

一日に何度も取引を繰り返して、少額の利益を積み上げていきます。

一度の取引時間が短いため、レバレッジをかけて高額取引することが多いと言えます。

少ない元手資金から始めたいならスキャルピングは最適と言えます。しかし、リスクも高くなります。

投資において、リターンが大きければリスクも大きくなるのは基本です。リスクを取れば、1年で数十~数百%という利回りが可能なスキャルピングですが、それなりのリスクもあるということです。

FXスキャルピングのメリット

FXスキャルピングのメリットとしては

  • ロスカットが少ない
  • 短期間で投資の経験を多く積める

ロスカットがほぼない

スキャルピングは短期で売買を行うため、ロスカットに合うことはほとんどありません。

ロスカット=証券会社によって異なりますが、大抵の場合、証拠金維持率が50%を下回ると強制的に決済されます。

また、ポジション保有の時間が極端に短いため、世界的な事件が起きても、為替暴落で大損することは滅多にないのです。

超短期間で投資経験を積める

スキャルピングは超短期売買です。1日に何度も取引をするので、為替となんども向き合うことになります。

そのため、少額から始めて、低リスクのまま相場経験を積むことが可能です。

スキャルピング手法のデメリット

FXスキャルピングのデメリット

  • 疲れる
  • ポジポジ病

疲れる

スキャルピングはとにかく疲れます。なぜなら、常に為替に張り付いていないと行けないからです。

さらに、何度も負け続けると、感情に流され、さらに負け続けるという負のスパイラスに陥ることがあります。

初心者の場合、ギャンブル感覚になりがちなので、冷静な取引ができず、常に相場につきっぱなしの状態に疲れてしまします。

スキャルピングはギャンブルではありません、相場につきっぱなしで疲れたり、失敗しないためにも休憩をこまめに取りましょう。

ポジポジ病

初心者がスキャルピングを始めると、売買のタイミングがつかめず、ポジションを買ってばかりになりがちです。

これを『ポジポジ病』よびます。

取FX初心者によくある傾向です。

この状態にならないためには、きちんとルールに従った損切りを行うことが必要です。

デイトレードとは

デイトレードとは、スキャルピングより少し長くポジションを保持するスタイルです。

1日で取引が完結するので、ポジションを翌日に持ち越さないのが特徴です。持ち越さないメリットは、寝ている間に相場が急変動するリスクがなくなることです。

ポジション保有時間は、数十分から数時間が一般的です。1回の取引で10~40pips程度を狙います。

「1日のうちに何度も取引をする」というよりは、「入れるタイミングを待ち続けるため、数回しかトレードができない」ため、エントリー回数は少なくなります。

スキャルピングよりも忍耐が必要になります。すぐ損切りしてしまう人には向いていません。

必要資金は、少額からスタートできますので、スキャルピングには劣るものの、資金効率が良く、短期間で大きな利益を狙えます。

しかし、確実なエントリーポイントを見極めるために、永遠とチャートを見続けて待つ必要があります。

ですから、時間のある専業トレーダー向きのスタイルとなります。

さらに、自分の売買ルールを持たずに、適当にトレードしていては大きな損失をもたらします。

デイトレードのメリット

  • ポジションを持ち越さずに済むため、寝ている間の急変動リスクを回避できる
  • 資金効率が高いため、少額から始められる
  • 短期でも大きな利益を狙える
  • 期間の区切りが決められているので損切りしやすい

デイトレードのデメリット

  • 常にチャートを見ていないといけない
  • 数日間連敗が続くと大きな損失となる
  • 明確な自分の取引ルールを作る必要がある
  • チャートと永遠と向き合うのでつらい

スイングトレードとは

スイングトレードとは、デイトレードよりもさらに長くポジションを保持する手法です。

ポジションの保有期間は、数日から数週間となり、中期的なトレンドを狙います

相場のトレンドを掴み、流れに乗ることができれば、大きな利益をうむことが可能です。

スキャルピングやデイトレードのようにチャートに張り付く必要がなく、1日1回チャートを確認すればトレードは可能ですので、サラリーマンや学生のような、「兼業トレーダー」向きのスタイルとまりす。

スイングトレードは、一度のトレードで、100pips~数百pipsほど狙います。

ポジションをどこで持つかが最大のポイントとなりますので、確実なトレンドを見極める必要があります。ですので、トレンドが発生していない、狭いレンジ相場では利益をうみにくいトレード手法です。

スイングトレードは、取引回数が非常に少ないので、少額の資金だとなかなかお金は増えません

さらに、保有期間が長くなるので、テクニカル分析はもちろん、相場の動きを読むために、指標発表や政治・経済などファンダメンタルズ分析も求められます。

FXのテクニカル分析・指標とは【初心者必見解説】FXを始めるための基本知識本記事では、FXにおける分析手法であり、テクニカル分析についてみていきます。 FXの投資分析手法にはファンダメンタルズ分析とテクニ...
FX ファンダメンタルズ分析とは【主な分析要因をわかりやすく解説】当記事では、FXの分析手法の一つであるファンダメンタルズ分析について投資初心者さんに向けて解説します。 以前にもお話ししましたが、...

スイングトレードのメリット

  • トレンドを掴めば、1トレードで大きな利幅が期待できる
  • 時間のない人でもトレードが可能
  • 相場の変動に一喜一憂しなくていい
  • 1日数回のチャートチェックでよい
  • スワップポイントの利益が狙える

スイングトレードのデメリット

  • トレンドの発生・転換の見極めが難しい
  • 短期売買より取引チャンスが少ない
  • ファンダメンタルズ分析も必要
  • 大きな利益を狙うなら、まとまった資金が必要
  • マイナススワップの損失も考える

ポジショントレード(長期トレード)とは

ポジショントレードは取引期間が数か月となる長期トレードです。

1回のトレードで100pips~1000pipsくらいを目標にします。

さらに、毎日発生するスワップポイントでも利益を狙います。

「トルコリラやメキシコペソ」などの「高金利通貨」を買いから入り、長期トレードでスワップを狙うトレーダーも多くいます。

ただし、スワップポイントは低金利通貨(例えば円)を売って高金利通貨(例えばトルコリラ)を買ったときは発生しますが、売りポジションを保有している時は、反対にスワップポイントを、トレーダーが負担する、すなわちマイナススワップが発生します。

基本的に長期トレードは、一度戦略を考えて取引をスタートしたら、後は目標の価格に達するまで完全にほったらかしです。

しかし、資金管理をしないと最終的に資産が減るリスクも十分ありあますので、ファンダメンタルズについての十分な知識が必要になります。

半年~数年ポジションをキープするので、スイングよりも明確で大きなトレンドがでているときにだけ勝負できます。

1,000pips以上の大きな利益を狙えるトレードスタイルですのでかなり魅力的ですが、保有中の逆行の幅が大きいのも特徴です。ですから、含み損のストレスに耐えることも必要になります。

ポジショントレードのメリット

  • 時間が無い人でもトレード可能
  • トレンドを捉えられれば大きな利益が期待できる
  • スワップポイントで大きな利益を狙える
  • 初心者でも実践しやすい
  •  チャートを確認しあない日があってもよい

ポジショントレードのデメリット

  • 詳細なファンダメンタルズの分析が必須
  • 高レバレッジには向かない
  • マイナススワップの銘柄には使えない
  • すぐに損切りしない、忍耐力が必要
  • しっかりと資金管理をする必要がある

まとめ

今日は下記のFXの4つの手法について解説してきました。

  1. スキャルピング(数秒~数分)
  2. デイトレード(数時間~1日
  3. スイングトレード(数日~数週間)
  4. ポジショントレード(長期トレード)

自分に合ったスタイルがみつかりましたか?

「まだどのスタイルが向いているかわからない!」という方も、まずはトレードを実践してみることをお勧めします。

長期でトレードするよりも、実は細かい相場の動きを読むのが得意なスキャルピングがピッタリの天才型かもしれませんよ。是非一度取引を経験してみてはいかがですか?

初心者に優しくお勧めなFX会社は下記の記事でまとめておきました!

投資始めるなら最初に開設したい証券口座【FX, 株,暗号通貨,CFD(金,原油,ETF)etc...】今日は、投資を始める際の一番最初のステップである、口座開設についてお話しします。 「FXがやりたい」「株がやりたい」など、人それぞ...
ABOUT ME