ゼロからFX入門

初心者がFXを始める際に注意するべきこと【超初級編】

今日は、FXを始めたばかりの初心者が陥りやすいミスや、注意点をまとめてみました。

FXは正しく、安全かつ長期的に行えば、巨大な利益を狙える資産運用方となります。

これからFXを始めたい人や、始めて間もない人は必見です。

FX初心者あるあるのミス

「FXで大損」というニュースをよく目にします。

しかしそれは、初心者が絶対知っておきたいあるあるのミスを知らないまま、取引を始めたからに過ぎないのです。

以下が、FX初心者によくあるミスです。

  1. レバレッジの倍率が高い
  2. ロスカットレベル設定が低い
  3. ハイリスクな取引
  4. 初心者なのに高額トレード
  5. 生活費で取引

1 レバレッジの倍率が高すぎる

FXを始めたばかりの人はしばしば、元手を最小で取引を始めようとします。

無論、FXのメリットは少ない元手で「レバレッジ取引」ができる点にあります。

しかし、レバレッジをかけすぎると、レバレッジの分だけ損失額が大きくなり、よりハイリスクになります。

出来るだけレバレッジはかけずに行いましょう。

ロスカットレベルを低く設定している

ロスカットレベルを低く設定し過ぎると、為替が暴落した際により大損することになります。

ロスカットが「証拠維持率の20%~30%」の業者がありますが、すぐに資金不足に陥りますし、ロスカットされる確率も上がるのです。

証拠金維持率は高めに設定するべきです。50%から100%以上に設定することで、証拠金がマイナスになることは無くなります。

さらに、ロスカット前のマージンコール(アラート通知)の設定も高めにすれば、よりロスカットを防げます。

多くの場合「証拠金維持率100%以下」でマージンコールが発生します。ですが、60%~70%のところや、100%~200%のFX業者もあります。安全にトレードするには、マージンコールが証拠金維持率の100%以上をの証券会社を選ぶべきでしょう。

ハイリスクな取引

  • 取引を週末に持ち越し
  • 一点張りトレード

この2点気をつけましょう

取引を週末に持ち越し

FXは、土日トレードができません。ですので、取引を週末に持ち越してしまうと、土日に悪いニュースがあった場合、週明けの為替の相場に影響し、大きな損をする可能性があります。

一点張りトレード

一点張りトレード= 一つの通貨ペアに大量に資金を投じて取引

高額な資金を一つの通貨ペアに投じて取引をすれば、その通貨が暴落した時に損失が大きくなります。

ですから、初心者のうちは、取引を週末に持ち越さない、また、一点張を避けるようにしてください。

初心者なのに高額トレード

初心者のうちから「高額トレード」に挑むのはやめましょう。

ある程度勉強し、少額でも稼げるようになってから徐々に運用資金を増やすべきです。

FXは投機やギャンブルではありません。

為替の動きを予測し、どのポジションを持つのか決める、投資です。従って、ギャンブルのように「こっちだろ!」と即決して高額でトレードするのはやめましょう。

また初心者のうちは、少額でトレードを始め、ローリスクでローリターンなトレードを心掛けてください。

生活費で取引

絶対に生活費でFXはしないでください。

生活費使うと、冷静な取引ができなくなります。

絶対に「余裕資金」での取引を心がけてください。

国内FX業者を利用 海外FX業者は危険です

最後に、最重要なことをお話しします。

FXを始めるときには絶対に「国内のFX業者」にしましょう。

そもそも、海外FX業者は手数料が高すぎて利益を生み出すのが相当難しいのです。

海外FXのデメリット

  • 海外のFX業者はレバレッジが無制限
  • 会社が破綻した場合の補償内容が曖昧
  • ロスカットがない
  • 手数料が高い

海外FXは違法であるという意見もしばしば見かけます。

これからFXを始める方は、必ず国内FX業者で口座開設をしてください。

上記の条件を守れば比較的安全に取引ができるでしょう。

では今日はこのくらいで。

ABOUT ME