ゼロから投資入門

資産運用と投資、投機とギャンブルの違いとは?【投資・資産運用は危険なの?】

bitcoin

『投資はギャンブルだし、大損とか、破産とか危ないよな。借金地獄なんて最悪だし、やっぱりお金はぜんぶ貯金しよう』

と考えているかたも多いと思います。

投資、投機、資産運用、ギャンブルの違いを確認し、『投資とギャンブルの違い』をご理解いただければ、投資が決して危険なかけごとではないことをお分かりただけると思います。

投資 投機 資産運用 ギャンブル

まず、投資 投機 資産運用 ギャンブルの違いをお話しします。

資産運用 – 資産を増やすこと

投資 – 長期的、安全に資産運用(社会貢献)

投機 – 短期的、ハイレバ(借金のようなもの)でギャンブルに近い

ギャンブル – 娯楽

投資はギャンブルでない

資産運用=投資

ギャンブル=投機

 投資とは

投資とは資産運用であり、社会貢献です。企業は投資家たちから資金を集め会社を大きくし、利益を生み出します。その利益の一部を投資家がリターンとして受け取ります。

 ギャンブルとは

ギャンブルとは娯楽が目的です。運営側はマージンを受け取りつつ、ギャンブルをする側は勝つか負けるか分からない、ゼロサムゲームです。従って、ハイリスクハイリターンな投機はギャンブルに近いと言えるでしょう。

投資と聞くと大損とか破産とか借金地獄などのイメージがありますが、それはSNSやメディアの影響だと考えられます。投資というよりも、投機による大損なのです。

『信用取引で大損』なんていうのは投資のみで生計を立てようとし、投機をしてしまった人の失敗例です。

 

投資は、長期的にみて徐々に資産を運用することで、投機とは大きく異なるのです。

今の時代、資産運用はMUSTだと感じています。政府が個人の資産運用をプロモートしているのをよく目にしますよね。

失敗例だけをみて億劫になる必要はりません。

交通事故の事件を見て、車には乗らない、とはいかないでしょう。

投資(資産運用)の基本は次のとおり。

  • 余剰資金で運用
  • 長期投資
  • 分散投資

長期的な視点で分散投資を行えば、借金地獄なんてことはあり得ません。

『余剰資金で投資を行う』ことが大切です。

時々目にする、投資で大損は、『信用取引』で大きなレバレッジをかけて、多額の借金をすることで投資を行っているのが要因です、これこそギャンブルです。

日本人は資産運用が嫌い

『どんな株をが買い時?』とか『ポートフォリオはどんな感じ?』といった会話は日本ではほとんど聞きません。

ところが外国ではこのような会話が日常的に行われています。

そもそも、お金の使い方において日本人と外国人には明確な違いがあります。

このような統計があります

貯金率 投資率
日本 約50% 約15%
アメリカ 約14% 約50%

日本人→貯金
外国人→投資

この数字から、いかに日本人は投資や資産運用に対する意識が低いのかということがわかりますね。

汗水垂らして働くことは美徳?

汗水垂らして働くのが美徳という考えが日本には根強く残っており、楽して資産を増やすことは悪と見なされる傾向があります。

投資は『お金は汗水垂らして働いて得るもの』という価値観からほど遠いため、まずは、働かずして資産は運用可能だということを意識することが必要でしょう。

その価値観自体は確かにいいかもしれませんが、自分の時間を売って働いているだけでは将来苦しくなるのは明確ですよね。

資産運用の種類

資産運用のメジャーな種類は

  • 仮想通貨
  • 株式
  • 投資信託
  • 商品先物取引
  • FX(外国為替取引)
個人的には株式投資から始めるのがおススメです。
数分で証券口座を開設するだけで少額から始められるのが利点です。
とはいえ初心者さんはどの証券口座がよいかなどわからないと思うので、記事にしてまとめておきました!!
investment
投資は何から始めたらよいのか(投資の種類や始め方をシンプルにまとめました)こんにちはマサです。今日は投資を始めたいけどなにをどうしたらいいのか分からないという方に向けて投資の始めかたを解説します。 よく聞...
投資始めるなら最初に開設したい証券口座【FX, 株,暗号通貨,CFD(金,原油,ETF)etc...】今日は、投資を始める際の一番最初のステップである、口座開設についてお話しします。 「FXがやりたい」「株がやりたい」など、人それぞ...

まとめ

『投資とギャンブルの違い』さらに『資産運用や投機』について本記事では解説しました。

資産運用は、今の時代必須となってきています。

まずは少額で取引してみることです。今は数十円でも投資を始められます。

個人的には株がおすすめですので、資産運用を始めたい人は是非まずは証券口座を開くところから始めてみてください。

ABOUT ME